「お客さまカード」でご注意いただきたいこと

2012年9月24日付で、「お客さまカード」の刷新をいたしました。
これまでの当行の「お客さまカード」に関する対応は以下の通りです。

  • 2012年9月24日(月)以降、お客さまにはログイン後画面にて「お客さまカード」の更新をお願いしております。
  • 2012年12月10日(月)以降、まだ更新いただいていないお客さまには、ログイン時に更新をお願いしております。
  • 2013年3月18日(月)以降、「後で登録する」ボタンを廃止し、必ず更新していただくようお願いしております。
  • 2013年6月17日(月)以降、為替特約定期預金(通貨変動型)の取り扱いに伴い、お申し込みのたびに本定期預金に係るお客さまカードのご入力をお願いしております。
  • 2013年12月9日以降、入力項目の見直しなどを実施し、ご利用いただきやすくなりました。

お客さまの入力情報の結果によっては、法令等の趣旨に基づき、新規のお取引(預入等)を制限させていただくことがございます。

  • モバイルでお取引をご希望のお客さま
    「お客さまカード」は、モバイル環境からはご入力いただけません。誠に恐れ入りますが、あらかじめ、PCのログイン後画面より刷新後の「お客さまカード」への入力を行っていただきますようお願い申し上げます。
  • 本ページの画面はイメージであり、実際の画面とは異なる場合がございます。

各金融商品のお取引をご希望のお客さまは下記をご確認ください

お客さま情報

お名前およびご住所について変更がある場合は、「お客さま情報の変更」から変更手続きをお願いいたします。

  • 名前と住所の変更は本人確認書類の提出が必要です。

お客さまカード情報

楽天銀行がお客さまに提供する金融商品(※1)は、すべて円貨建てで元本割れする可能性のある金融商品です。したがって、余裕資産でのご投資を強く推奨いたします。使途の確定している資金(※2)・借入金・生活資金による投資はお控えくださいますようお願いいたします。また、金融商品のお取引経験のない方は、ご希望の金融商品の商品性を理解した上でご自身の資産の状況等によく照らし合わせ、お取引ください。

  • ※1 円普通預金及び円定期預金は除きます。
  • ※2 使途の確定している資金とは、ご投資や運用以外の、将来の教育費や住宅費など今後使用する予定の資金を指します。

各金融商品の投資方針(リスク許容度)および予定投資期間

楽天銀行が取り扱う金融商品は、それぞれその商品性が内包する各種リスクが異なります。そのため、お客さまの知識、経験、財産の状況及び取引目的に照らして、お取引可能な金融商品かどうかの審査をさせていただきます。

例えば、ご記入いただく(1)投資方針(リスク許容度) (2)予定投資期間 などを考慮しますが、(1)(2)の基準を満たしていなければ、他の入力結果にかかわらず、新たなお取引はご遠慮願っております。

投資方針(リスク許容度)

商品 新型定期預金 外貨普通預金※2 外貨定期預金 FX 投資信託※3
満期特約/為替特約 為替特約※1
(通貨変動型)
元本の安全性を重視し、リスクはとらない          
少しのリスク負担で、少しのリターンを期待          
中程度のリスク負担で、中程度のリターンを期待    
大きなリスク負担でも、大きなリターンを期待  
  • ※1 為替特約定期預金(通貨変動型)は、魅力的な金利が設定されている一方で、商品性やリスクが複雑な商品です。そのため、お申し込みのたびに本定期預金に係るお客さまカードのご入力をお願いしております。
  • ※2 エマージング通貨である南アフリカランド及びメキシコペソについては、先進国通貨に比べて流動性の低下等、相対的に大きなカントリーリスクが内在します。南アフリカランド及びメキシコペソの流動性リスク等の詳細は、外貨預金の重要事項 別ウィンドウ表示をご確認ください。
  • ※3 2013年1月1日に国内籍投資信託は楽天証券に承継されました。外国籍投資信託をお持ちのお客さまは、引き続き投資信託総合取引口座が残存しております。お手数おかけしますが「お客さまカード」の更新をお願いいたします。

予定投資期間

商品 新型定期預金 外貨定期預金
短期(1年未満) ×
中期(1年以上 5年未満) ×
長期(5年以上)
  • 商品性における預入期間と、お客さまの予定投資期間とに整合性が認められない場合は、お取引をご遠慮いただきます。

外貨普通預金のお取引をご希望のお客さま

  • 商品性の理解に関する質問を撤廃しました。
    お取引を希望の金融商品の商品性については、規定・契約締結前交付書面等をよくご確認ください。

外貨定期預金のお取引をご希望のお客さま

外貨定期預金のお客さまカードは、お預入毎にご入力いただきます。

  • 商品性の理解に関する質問を撤廃しました。
    お取引を希望の金融商品の商品性については、規定・契約締結前交付書面等をよくご確認ください。

新型定期預金(満期特約⁄為替特約)のお取引をご希望のお客さま

新型定期預金のお客さまカードは、お預入毎にご入力いただきます。

  • 商品性の理解に関する質問を撤廃しました。
    お取引を希望の金融商品の商品性については、規定・契約締結前交付書面等をよくご確認ください。

為替特約定期預金(通貨変動型)のお取引をご希望のお客さま

楽天デュアル定期預金(円・外貨型)等の為替特約定期預金(通貨変動型)は、魅力的な金利が設定されている一方で、商品性やリスクが複雑な商品です。そのため、お申し込みのたびに本定期預金に係るお客さまカードのご入力をお願いしております。

  • 商品性の理解に関する質問を撤廃しました。
    お取引を希望の金融商品の商品性については、規定・契約締結前交付書面等をよくご確認ください。

FX(外国為替証拠金取引)のお取引をご希望のお客さま

FX(外国為替証拠金取引)は、当行取り扱いの金融商品のなかで最もリスクの高い金融商品です。差し入れた証拠金以上の毀損の可能性があることから、お客さまにご入力いただいた情報を総合的に鑑み、適合性の観点から為替証拠金取引を行うことが不適当であると判定されました場合は、お取引をお断りさせていただく可能性がございます。何卒ご了承くださいますようお願いいたします。

  • 商品性の理解に関する質問を撤廃しました。
    お取引を希望の金融商品の商品性については、規定・契約締結前交付書面等をよくご確認ください。

投資信託のお取引をご希望のお客さま

※外国籍投資信託残高をお持ちの方のみが対象です。

  • 商品性の理解に関する質問を撤廃しました。
    お取引を希望の金融商品の商品性については、規定・契約締結前交付書面等をよくご確認ください。

お問い合わせ先

ご不明点がある場合はお気軽に楽天銀行カスタマーセンターにお問い合わせください。

  • 楽天銀行カスタマーセンター 貯蓄・運用窓口
  • 0120-386-910
    携帯電話・PHS等からは 0570-051-910(通話料有料)
    • 国際電話をご利用の場合は 03-6832-2273(通話料有料)

月曜日から金曜日までの9:00~17:00の間で、お電話によるお問い合わせを受け付けております。
(祝日及び年末年始を除く)
また、こちらのこちらのお問い合わせフォーム 別ウィンドウ表示 より、本件に係るお問い合わせを受け付けております。お問い合わせの内容によっては、お電話にてご回答させていただく場合もございます。何卒、ご了承くださいますようお願い申し上げます。