ホーム > カード > 楽天銀行デビットカード > デビットカード 海外での使い方

デビットカード 海外での使い方

海外でカードをご利用いただく際も、利用方法は基本的に国内と同じです。

海外ご出発前の注意点

海外ATMの利用の際に用いる暗証番号はデビット用暗証番号です。海外へご出発される前に、国内でデビット機能が利用できることを必ずお確かめの上、普通預金口座にあらかじめご入金ください。

海外提携ATMで現地通貨を引き出す

楽天銀行デビットカードは、世界中の提携ATMで現地通貨で引き出すことができます。世界中の現地通貨をその場で引き出せるので、海外旅行中に両替する手間も省けます。

以下のマークがついている海外ATMで利用できます。

JCBデビット
JCBのロゴ
Visaデビット
Visa・PLUSマークのロゴ
  • ※ 2019年12月22日以前に発行された「JCBデビットカード」には、「Cirrus」マーク付きのカードが発行されています。「Cirrus」マーク付き「JCBデビットカード」をお持ちのお客さまは「JCB」マークだけでなく、「Cirrus」マークの付いた海外ATMでも現地通貨の引出しができます。
STEP 1

入金

海外ご出発前に、楽天銀行口座(普通預金)へ入金

STEP 2

現地通貨の引出

各デビットカードの海外提携ATMで現地通貨を引き出す

STEP 3

引落

引き出した代金が、その時点での為替レートでお客さまの口座にある普通預金残高から即時で引落※1(この時点では入出金明細のみにご利用が反映)

STEP 4

売上確定情報の到着

お客さまのデビット利用明細にご利用いただいた加盟店情報が反映。
(加盟店から売上確定情報が楽天銀行に到着※2

STEP2の現地通貨引出とSTEP4売上確定情報の到着の間で、為替差から差額が発生する場合があります。その場合、その差額は口座から引落もしくは口座へ返金されます。

  • ※1 一部加盟店においては、ご利用代金が即時引落にならず、後日売上確定情報が届いた時点で、口座からご利用代金を引き落とす場合があります。
  • ※2 売上確定情報の到着には数日かかる場合があります。詳しくはこちら。
    利用時点と加盟店からの売上確定情報到着時点との為替差が生じた場合、その差額を口座から出金、もしくは口座へ入金する場合があります。

海外での換算レート

海外でご利用になった場合の換算レートは、外貨額を国際ブランドが指定するレートに、海外利用にかかるコストとして、3.080%(税込)を加えたものになります。

海外利用にかかるコストは、購入代金支払およびキャンセルや返品によるご返金の場合にも同様に、国際ブランドが指定するレートに3.080%(税込)を加えたものが必要となります。
現地でご利用になった時点でのレートではありませんのでご留意ください。

  • ※ 国際ブランドの決済センターで集中決済された時点でのレートです。当該、円換算レートは公開されていないため、お問い合わせにはお答えできません。

海外ATMで現地通貨を引き出すときの
暗証番号

海外提携ATMにて現地通貨を引き出す際、使用する暗証番号は、デビット用暗証番号です。

  • ※ デビット用暗証番号は、キャッシュカード用暗証番号(国内提携ATMにて出金や残高照会をする際に利用する暗証番号)とは異なる場合があります。