ホーム > 法人のお客さま > お知らせ > 2020年 > お知らせ詳細


楽天銀行 セキュリティ機能向上実施のお知らせ

2020年6月5日

楽天銀行ウェブサイトでは、インターネットのセキュリティ機能向上のための対策を実施いたします。
このため、古いブラウザ、パソコン、スマートフォンをご利用の場合、楽天銀行のウェブページを閲覧できなくなる可能性がございます。
楽天銀行ウェブサイトを快適にご利用いただくために、以下の詳細をご確認ください。

実施内容

インターネット通信暗号化方式「TLS1.1」による接続を2020年10月以降順次終了いたします。

本対策による影響

2020年10月以降、「TLS1.1」までしかサポートしていない一部のブラウザ、パソコン、スマートフォンやアプリをご利用の場合、基本的に楽天銀行のすべてのページが閲覧できなくなります。
新しいブラウザ、パソコン、スマートフォンをご利用の場合、これまで同様楽天銀行ウェブサイトをご利用いただけるため影響はございません。
またフィーチャーフォンに関しましては、本対策の対象外となっております。

以下が影響を受けるOS・ブラウザとなります。
・パソコンをお使いのお客さま
OS: Windows XP以前、Windows Vista以前、Windows 8、MacOS X 10.8以前
ブラウザ: Internet Explorer 10以前、Chrome 29以前

・スマートフォン、タブレットをお使いのお客さま
OS: Android 4以前、iOS 4以前
ブラウザ: Chrome 29以前、Firefox 26以前

ご利用の環境が影響を受けるか確認する方法

ご利用の環境(ブラウザ、パソコン、スマートフォンなど)が影響を受けるかどうかは、以下の画像でご確認ください。

・「対応は不要です」と表示されている場合
影響はありません。

・「対応が必要です」と表示されている場合
影響がありますので、楽天銀行のページが閲覧できなくなります。
そのため、以下の対応方法をご確認ください。

対応方法

影響を受けるOSをお使いの場合、新しいOSへの入れ替えが必要です。
影響を受けるブラウザをお使いの場合、ブラウザのバージョンアップが必要です。

ご注意

・Internet Explorerをお使いのお客さまでブラウザの設定でTLS1.2が無効化されている場合
TLS1.2を有効にするためのブラウザの設定変更が必要です。

  1. Internet Explorerを開き、「ツール」のアイコンをクリック。
  2. 「インターネットオプション」を 選択し、「詳細設定」タブを選択。
  3. セキュリティ項目の「TLS1.2の使用」をチェックし、「適用」ボタンを押す。

・アプリについて
対象となるアプリは以下の通りです。
楽天銀行アプリ
楽天銀行アプリfor Business
新・楽天銀行FX powered by iSPEED
新・楽天銀行FXバーチャルトレード

問題が起きた際には、アプリを最新のバージョンにバージョンアップしてください。
なお、必要に応じて、OSをバージョンアップしてください。

セキュリティ機能の向上を行い、お客さまには引き続き安心・安全に楽天銀行サイトをご利用いただけるよう努めてまいります。なにとぞご理解の程、よろしくお願いいたします。


  • スマホでカード決済【楽天ペイ】
  • メールアドレス複数登録のお願い
  • よくある質問 ご不明点解決!
  • お問い合わせ先
  • ご利用ガイド
  • 金融犯罪にご用心!全国銀行協会

  • 商号:楽天銀行株式会社
  • 登録番号:登録金融機関 関東財務局長(登金)第609号
  • 加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会