ホーム > 法人のお客さま > 法人ビジネス口座のメリット > おすすめ ピックアップ > OLTA


≪PR≫ファクタリングの仕組みと優良会社の選び方について(OLTA株式会社)

スピーディな売掛債権の現金化で注目をあつめているファクタリング。他の早期現金化の方法に比べても、即時の資金調達が可能な点やコストが低い点などメリットがたくさんあります。しかし、利用したいと考えてもどの会社を選べばよいのかわからない人も多いでしょう。

ここでは、提携企業のOLTA株式会社様より、ファクタリングの利用で後悔しないために、ファクタリングの仕組みや優良会社の見分け方について解説いただきます。

ファクタリングとは

ファクタリングとは、「売掛債権を現金化する」資金調達方法です。売掛債権の入金日が数ヵ月後であっても、ファクタリングを利用すれば、申込みから即日~数日で振り込まれます。融資のように審査に長い時間がかかることもありません。利用者からすれば、スピーディで非常に便利な資金調達手段といえます。 さらに、売却した売掛債権はファクタリング会社が管理・回収するため、利用会社は売掛先が倒産した場合の未回収リスクを回避できるメリットがあります。

ファクタリングの仕組みについて

ファクタリングの契約主体は「利用企業」「取引先(売掛先)」「ファクタリング会社」の3社で、どの主体が契約に関わるかによって以下の2つに別れます。

  • 2者間ファクタリング
    ファクタリングを利用する企業とファクタリング会社の2者間の契約に基づいて行うファクタリングサービス。
  • 3者間ファクタリング
    ファクタリングを利用する企業とファクタリング会社、売掛先(取引先)の3者間の契約に基づいて行うファクタリングサービス。

売掛先を含む「3者間ファクタリング」ならファクタリング利用にかかる手数料が「2者間ファクタリング」と比べて低い傾向にありますが、売掛先にファクタリングの利用を知られることになり、自社の信用が悪化するおそれがあることは否定できません。そのため、最近では「2者間ファクタリング」が注目を集めています。「2者間ファクタリング」は、ファクタリングを利用したい企業とファクタリング提供企業の2者のみで債権を売却する契約を結びます。「2者間ファクタリング」の最大の特徴は、売掛先がファクタリング契約に関与しないことです。債権を売却した旨の通知を取引先に行う必要はありません。

ファクタリングのメリット

  • ・簡単に資金調達ができる
    金融機関の融資と異なり、資金繰り表や事業計画書の提出、保証人、担保が不要なほか、審査通過も銀行融資と比べると通過率高く、比較的簡単かつスピーディーに資金調達することができます。
  • ・キャッシュフローを正常化できる
    債権譲渡により売掛債権を早期に現金化できることで、急な出費や支払金の不足にも対応可能です。
  • ・貸借対照表をスリム化できる
    金融機関からの借入が、負債と現預金に計上されるのに対し、売掛金と現預金で仕訳されるため、貸借対照表(B/S)が借入と比較し、スリムに。金融機関からの信用向上につながります。

ファクタリングのデメリット

  • ・「3者間ファクタリング」の場合、売掛先に知られる
    先述した通り、売掛先を含む「3者間ファクタリング」の場合、売掛先にファクタリング利用を知られることになり、その後の営業活動に支障をきたす可能性があります。しかし、ファクタリングを利用したい企業とファクタリング提供企業の2者のみで契約を結ぶ「2者間ファクタリング」なら、売掛先に知られるリスクを排除できます。
  • ・契約タイプによりファクタリング手数料が高くなる傾向
    金融機関からの借入と比べ、簡素な手続きであることから、一般に借入利率に対し、高めに設定されている傾向が多いです。

ファクタリング優良会社を選ぶためのポイント

ファクタリングサービスには、中小企業向けや個人事業主・フリーランス向けなど様々なサービスが登場しています。請求書を買い取ることで銀行の融資よりも早く資金化できるという点では同じですが、手数料率や入金までの期間、運営企業の知名度など棲み分けされています。

  • ◆手数料水準は適切か
    手数料は提供企業によって異なります。そのため、手数料をしっかりと確認し、高すぎないファクタリング会社を選ぶようにしましょう。
  • ◆債権買取可能額に上限下限はあるか
    売掛債権を買い取ってもらう際に、「買取額に上限や下限がないか」も確認しておきましょう。ファクタリングを行うことで、必要な金額をきちんと調達できるかも確認しておくことは重要です。
  • ◆必要なタイミングまでに資金調達可能か
    例えば、現金化までの時間を「最短即日、通常1~3日」としているファクタリング会社もあります。このような会社は、「審査時の面談不要」「書類の提出もインターネット上のアップロードで受付可能」など、申込時の手間を大きく省いていることも多いです。
    入金までにかかる日数のチェックと同時に、申込方法や審査方法についてもあわせてチェックするのがおすすめです。
  • ◆サービス提供の企業自体は信用できそうか
    企業や個人事業主向けのファクタリングは貸金業には該当しないため、現段階では許認可や免許は不要です。そのため、優良企業と悪質業者の見極めが非常に大切です。そこで、チェックしておきたいのが、ファクタリング会社の概要です。
    各社のサイトなどでは、パートナー企業・団体も紹介されています。そちらを確認しておきましょう。
  • ◆個人事業主の利用は可能か
    個人事業主の場合、ファクタリング会社選びは特に注意しましょう。なぜなら、「個人事業主の利用が不可」となっているファクタリング会社もあるからです。ただし、個人事業主の利用が可能であっても「開業から〇ヵ月経過していること」などの条件が付くこともあります。
  • ◆審査は公平か
    ファクタリング会社の担当者によって、審査通過可否が決定したり、手数料率が変わったりすることもあるようです。このような会社は避けて、財務状況や売掛債権の内容だけで公平に判断してくれるファクタリング会社を選びましょう。
    AIも取り入れた審査を行う会社もおすすめです。人の手が入らない審査ならば、担当者による違いがなくなるだけではなく人件費も不要になるため、手数料もその分下がります。

OLTAの特徴

ファクタリング優良会社の見極め方を確認してきました。クラウドファクタリングのOLTAの特徴を説明します。

  • 2者間ファクタリングで取引先の承諾は不要
    OLTAの提供するクラウドファクタリングは「2者間ファクタリング」です。つまり、取引先に通知をする必要はありません。そのため、申込から資金調達までのスピードが早く、必要書類が揃ってから24時間(1営業日)以内にお見積り結果を回答します。契約後、即日ないし翌営業日に買取金額をお振込します。
    また、すべての手続きをインターネット上で行えることもOLTAの魅力の一つ。「申込内容の入力」「必要書類の送付」について、郵送や持参ではなくアップロードで行えるため、書類のやり取り時間も短縮できます。
    なお、OLTAでは契約時の面談も不要です。
  • 安心して利用いただくための取り組み
    OLTAは、審査の公平さの点からもおすすめの会社です。また、OLTAでは安心して利用してもらうための「OLTAの安心安全宣言」を採用しています。
    法令を守った健全運営や契約内容の遵守、サービスや取引内容・条件の正確な説明も心がけています。

今回ご紹介したファクタリング優良会社の見極め方を参考に、安心安全で利用しやすい会社を選んではいかがでしょうか。

詳しくみてみる
(OLTA株式会社のページへ移動します)

文責:OLTA株式会社

※当ページに掲載されている情報は、開示日及び発表日当時の情報です。
現在行われているサービスや最新情報とは異なる場合がございますので、予めご了承ください。

OLTA株式会社について

約20万社の法人データに基づくAI(スコアリングモデル)を開発。2017年より日本初のオンライン完結型ファクタリングサービス「クラウドファクタリング」を提供。「あらゆる情報を信用に変えあたらしい価値を創出する」というミッションを掲げ、クラウドファクタリングの普及に向けて、全国の金融機関やSaaS企業などと幅広く連携していく予定。

本ページは、楽天銀行の提携先企業様によって提供されるサービスの情報を、楽天銀行が紹介しているページです。本ページはお客さまへの情報提供を目的としてのみ作成されたものであり、提携先様から提供されるサービスの内容を当行が保証するものではありません。サービスのお申込等に関する最終決定は、お客さまご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。

お問い合わせ先

Eメールによるお問い合わせ

  • 法人ビジネス口座ログイン
    すでに楽天銀行の
    法人ビジネス口座をお持ちのかた
  • 口座開設
    まだ楽天銀行の
    法人ビジネス口座をお持ちでないかた

  • スマホでカード決済【楽天ペイ】
  • メールアドレス複数登録のお願い
  • よくある質問 ご不明点解決!
  • お問い合わせ先
  • ご利用ガイド
  • 金融犯罪にご用心!全国銀行協会

  • 商号:楽天銀行株式会社
  • 登録番号:登録金融機関 関東財務局長(登金)第609号
  • 加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会