ホーム > はじめてのログイン > お客さま情報の変更 > お客さま情報変更アプリ


お客さま情報変更アプリ

お客さま情報変更用の本人確認書類をアプリから送信すると、郵送より早くお手続きできます!※対応可能機種のみ

アプリを利用して本人確認書類を送付することで、3~7日程度早く手続きを完了することができます。

CHECK! こんなお客さまにオススメ!

  • とにかく早く手続きを完了したい。
  • カード型の本人確認書類(運転免許証や個人番号カード(顔写真付き)など)を持っている。
  • 推奨環境のスマートフォンを利用している。

アプリによる本人確認書類の送付2つのポイント

  • コピーも郵送も不要!

    コピーも郵送も不要

    氏名・住所変更のお申込後、楽天銀行のアプリで本人確認書類を撮って送るだけ!
    (送信は最速3分!

  • カード型書類に対応!

    カード型書類

    運転免許証個人番号カード(顔写真付き)などの送付に対応!
    これらをお持ちのお客さまは是非アプリからの送付をご利用ください!

  • 本人確認書類受領のメールがお客さまに届くまでには時間がかかることがあります。
  • アプリを利用して送付可能な本人確認書類は「運転免許証、個人番号カード(顔写真付き)、 カード型健康保険証、住民基本台帳カード(顔写真付き)、在留カード、特別永住者証明書」となります。
  • アプリで提出される場合は原本の撮影をお願いいたします。
  • 本人確認書類送付後、お申込内容に不備がある場合などは手続きの完了に時間がかかってしまいますのでご注意ください。

アプリでの送付方法

STEP1お客さま情報の変更申込

本人確認書類の送付方法で、『アプリで送信する』を選択してください。
※PC・スマートフォン共通です。

STEP2アプリダウンロード

スマートフォン向けアプリをご利用のかた

アプリのダウンロード方法およびご利用方法は下記からご確認ください。
スマートフォン向けアプリの詳細について

STEP3アプリでの画面操作方法

アプリをダウンロードしたら、以下の順番でお手続きください。
アプリログイン→本人確認書類などを送る→預金口座の氏名・住所変更

  • こちらの画面が出現しない場合は、まだ1度もアプリにてログインを行っていない可能性が考えられます。初回のログインのお手続きが完了いたしましたら、上記の画面よりお手続きをお願いいたします。

STEP4本人確認書類撮影

アプリの説明にしたがって、本人確認書類(運転免許証またはカード型保険証)をカメラで撮影して送信するだけで完了です。

  • 本人確認書類の再送などをお願いする場合があります。手続きが完了するまでは、本アプリを削除しないでください。
  • 通信費はお客さまのご負担となりますので、あらかじめご了承ください。
  • QRコード読み取るためなど、カメラを起動している場合は、カメラを停止後に本アプリを起動してください。(ケータイ向けアプリのみ)

本人確認書類撮影の“コツ”

以下のように、「送信していただいた本人確認書類の写真が見えない」「必要な部分がない」などのミスが少なからず発生しています。内容を判読できない場合は再度書類をいただくことになり、手続き完了がおくれます。スムーズな手続き完了のためにもご協力をお願いいたします。

不備扱いとなる写真の例

  書類が切れている 文字が読みにくい
事例
NGポイント 書類全体が写っておらず、見切れてしまっている。
文字の部分が切れていなくても書類全体が写っていない場合には不備扱いとなってしまいます。
光が反射していたり、ぼやけていて文字の判読が難しい場合には、不備扱いになる可能性があります。
撮影の"コツ" 撮影画面に枠が表示されるので、その枠内に収めるように撮影してください。(枠が表示されるのはスマートフォン向けアプリのみ)
送付する前に、書類の左右上下が切れていないか確認してしてください。
光が反射してしまう場合には、壁などに立てかけて撮影すると光の反射を防ぐことができます。
送付する前に、光が反射していたりぼやけて文字が読めないなどがないか確認してください。
  • 内容を判読できない場合は再度書類をいただくことになり、口座開設が遅れます。スムーズな開設のためにもご協力をお願いいたします。

対応機種