ホーム > 資産運用 > 投資信託 > メリット

初心者もそうでない方も!投資信託はじめるならダンゼン楽天!楽天証券の投資信託の魅力とメリット

楽天銀行は金融商品仲介業務として、楽天証券で取扱う投資信託をご案内します。

魅力1 バラエティ豊かな銘柄ラインアップ

楽天証券は投資対象や運用方針ごとに様々な投資信託のラインアップをそろえています。
中でも、買付け手数料無料のノーロードファンドの本数が充実!

現在

魅力2 充実!「投信積立」サービス

多彩な銘柄!少額からはじめられる!楽天銀行口座からの自動引き落としで月々の入金の手間いらず!
3拍子そろった楽天の「投信積立」を使って、「自分年金」を始める方が急増中。

本以上
ノーロード:約本以上
インデックス型:約本以上
  • 積立で「100円投資」の対象となる引落し方法は、証券口座のみです。楽天銀行からの引落しの最低買付単位は1,000円となりますので、ご注意ください。

CHECK! なぜ「自分年金」が必要なの?

公的年金だけだとどのくらい足りないの?

  • 生命保険文化センター「生活保障に関する調査」より

一般的に、退職までにご自身で備えておくべき金額(=自分年金)は「約3,000万円」とされています。

預貯金での備えではだめなの?

例えば、あなたがいま
・30歳
・将来のための貯蓄額が300万円
の場合、65歳までに3,000万円貯めるのに
必要な月々の積立額は…
(2か月分を年1回ボーナス時に増額)

リターンを得るにはリスクをとることが必要。貯金はリスクを伴わない代わりにリターンもわずか。

さらに、投信積立取引では買付手数料が全額ポイントバック!
積立取引で投資信託をお買付すると、買付時の手数料(消費税込み)の全額がポイントバックされます。
※ 法人口座およびIFA口座は対象外です。

魅力3 多彩な「NISA」対応商品とリーズナブルな手数料で、「NISA口座」の取引をバックアップ!

魅力4 楽天グループならでは!ハッピープログラム

投資信託の残高に応じて楽天銀行「ハッピープログラム」を通じて、楽天スーパーポイントを獲得することができます。
楽天グループならではポイントプログラムでお客様の長期投資を応援させていただきます。

投資信託で「ハッピープログラム」のポイントを受け取るには…

楽天銀行と楽天証券の口座連携サービス「マネーブリッジ」と「ハッピープログラム」へのお申込みが必要となります。

魅力5 「超割コース」で投資信託の手数料を1%ポイントバック

手数料コース「超割コース」を選択いただくと、投資信託の手数料(税抜分)1%~2%をポイントバック
※ 投信積立取引は買付手数料が全額ポイントバックされるため適用対象外です。

投資信託を始めるには

投資信託をはじめるには、楽天証券の口座を開設なさってください。
(楽天銀行は金融商品仲介業務として、楽天証券で取扱う投資信託をご提供させていただきます。)

  • 楽天銀行の投資信託口座をお持ちだった方
    2013年1月1日をもちまして、楽天銀行の国内籍投資信託口座および残高は楽天証券へ承継されました。国内籍投資信託は引き続き楽天銀行の投資信託ページから楽天証券にログインしてお取引いただけます。

投資にかかる手数料等およびリスクについて

楽天証券の各取扱商品等に投資いただく際は、所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。また各取扱商品等は、価格の変動等によって損失が生じるおそれがあります。投資にかかる手数料等およびリスクについては、楽天証券ウェブサイトの「投資にかかる手数料等およびリスク」ページや「契約締結前交付書面」等をよくお読みになり、内容について十分にご理解ください。金融商品取引法に係る表示について詳しくはこちら

商号等:楽天証券株式会社/金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第195号、商品先物取引業者
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会