ホーム > 資産運用 > 投資信託 > 投資信託をご利用のお客さまへ > 特にご注意いただきたい点


投資信託をご利用のお客さまへ
お客さまの投資信託口座および残高の楽天証券への承継について

2012年8月31日
2013年11月7日 お預かり資産残高に関する項目の追記による更新

  • 標記の実施について関係官庁に認可を申請しておりましたが、2012年12月14日付で認可を取得いたしました。
  • 承継の対象如何に関わらず、詳細については9月下旬より順次書面等でご連絡しておりますので、ご確認ください。

1 投資信託の各種取引の停止について

投資信託販売事業の承継に伴い、楽天銀行における投資信託の各種取引につきましては、以下の通り順次停止させていただく予定です。
お取引等いただけない期間がありますのでご注意ください。

  1. 国内籍投資信託の購入:2012年12月9日まで
  2. 国内籍投資信託の換金:2012年12月17日15時まで
    2012年12月22日(土)15時30分から2012年12月28日(金)15時まで一時再開
    ※2012年12月22日(土)記載追加。
  3. 新規投資信託口座の開設:2012年10月19日まで
  4. 特定口座開設:2012年10月19日まで
  5. 特定口座解約:2012年12月21日までに受け付けた特定口座廃止届出書分まで
  6. 分配金のコース変更:2012年12月26日(水)12時受付分まで
    • 2012年12月18日(火)記載追加

2 承継の対象となるお客さまのお手続きについて

  1. 楽天証券口座を保有しているお客さまは、その口座に楽天銀行の投資信託残高を承継させていただきますので、お手続きは不要です。
  2. 楽天証券口座を保有していないお客さまには、2012年12月上旬頃、楽天証券口座のログイン用IDとPWを郵送する予定です。2013年1月1日以降は、郵送された楽天証券口座のログイン用IDとPWをご利用いただき、楽天証券口座からお取引を行ってください。

3 投資信託口座の解約について

2011年12月31日以前に投資信託口座の開設を完了し、開設後国内籍投資信託および外国籍投資信託のいずれもお取引のないお客さま、または、2010年1月1日以降、国内籍投資信託および外国籍投資信託のいずれもお取引がなく、2012年12月10日時点で投資信託残高がないお客さまは、2012年12月10日以降、投資信託口座を解約させていただきます。解約の対象となるお客さまには、書面にて改めてご連絡いたします。

  • 特定口座をお持ちのお客さま、または、2012年1月1日以降に投資信託口座を開設したお客さまは、お取引がない場合であっても、今回の承継の対象とさせていただきます。

4 NEW! 国内籍投資信託残高移管に伴う「お預かり資産残高」の減少について

2013年1月1日付で楽天銀行の国内籍投資信託口座および残高が楽天証券へ承継されたことに伴い、お客さまの「お預かり資産残高」※1が減少します。これにより、提携先ATM利用手数料の月間無料回数※2は「お預かり資産残高」で決定されることから、お客さまの資産の状況によっては、2013年1月以降に付与する提携先ATM利用手数料の月間無料回数が減少する可能性がございます。

斯様な状況を踏まえて、2013年7月末まで、承継の対象者となったお客さまへは以下の特別優遇措置を実行させていただいております。

  • 2013年7月末までの特別優遇措置
    ハッピープログラム会員のお客さまは、会員ステージを「スーパーVIP」に※3
    ハッピープログラム非会員のお客さまは、提携先ATM利用手数料の月間無料回数を7回

2013年5月24日付の重要なお知らせにてご案内の通り、2013年8月以降は特別優遇措置は終了しております。ご了承いただけますようお願いいたします。なお、お客さまの「お預かり資産残高」および提携先ATM利用手数料の月間無料回数は、ログイン後画面でご確認いただけます。お取引の前に、ご確認いただけますようお願いいたします。こちら PDFを確認ください。

  • ※1 お預かり資産残高とは、前月25日終了時点の円預金(普通・定期含む)・新型定期預金・外貨預金(普通・定期含む)・外国籍投資信託の合計残高です
  • ※2 お預かり資産残高による提携先ATM利用手数料の月間無料回数については、こちらを確認ください。
  • ※3 会員ステージが「スーパーVIP」になることで、提携先ATM利用手数料の月間無料回数を7回になるなどの特典が受けられます。