ホーム > 資産運用 > FX > サービス概要 > 注文手法


注文手法

お取引の際に必ずお読みください 店頭外国為替証拠金取引の重要事項

ストリーミング注文

2ウェイで提示されているリアルタイム為替レートを、任意のタイミングにて売買する注文方法です。売りの場合は「売」の下にある取引レートを、買いの場合は「買」の下にある取引レートをクリックします。

ASストリーミング注文

ストリーミング注文で、新規および決済を指定しない注文方法です。Auto Select(オートセレクト)の略称であるASとはシステムが自動的に新規・決済の判断を行い、決済の場合には4種類の決済パターンの中からお客様が事前に指定された方式により決済ポジションをシステムが自動的に選択する注文です。

  • 「新・楽天銀行FX-モバイルWEB」からの発注は行えません。

指値注文(リーブオーダー)

取引レートを指定して発注する注文です。原則として指定する取引レートは注文発注時の取引レートよりも有利となる取引レートで発注していただきます。買い注文時は発注時の取引レートより低く、売り注文時は発注時の取引レートよりも高い取引レートの指定になります。

逆指値注文(リーブオーダー)

取引レートを指定して発注する注文です。原則として指定する取引レートは注文発注時の取引レートよりも不利となる取引レートで発注していただきます。買い注文時は発注時の取引レートよりも高く、売り注文時は発注時の取引レートよりも低い取引レートの指定になります。相場急変時には、ご指定いただいた取引レートよりも不利な取引レートで約定することがあります。

O.C.O注文

2つの指値(逆指値)を同時に出し、どちらか一方の注文が約定した場合、もう一方の注文を自動的に取り消す注文方法です。

IF-DONE注文

順番を決めた2つの指値(逆指値)注文を同時に出す注文です。最初は一次注文(新規)だけが有効であり、これが約定した場合に二次注文(決済)を自動的に発注します。

IF-O.C.O注文

IF-DONE注文とO.C.O注文を組み合わせた注文方法です。一次注文(新規)の指値(逆指値)が成立すると、二次注文(決済)のO.C.Oが有効になります。

通貨別全決済注文

保有するすべての未決済ポジションのうち、通貨ペア別にすべてのポジションを一度の操作で決済する注文です。一度の操作で発注できますので、相場急変時にも時間をかけずに複数のポジションを決済できます。(注)通貨別全決済注文は取引レートが指定されず発注されますので、発注した時の取引レートで約定するとは限りません。

全決済注文

保有するすべての未決済ポジションを通貨ペアにかかわらず一度の操作で決済する注文です。一度の操作で発注できますので、相場急変時にも時間をかけずに複数のポジションを決済できます。(注)全決済注文は取引レートが指定されず発注されますので発注した時の取引レートで約定するとは限りません。