ホーム > 資産運用 > FX > サービス概要 > 追加証拠金・ロスカット


追加証拠金・ロスカット

お取引の際に必ずお読みください 店頭外国為替証拠金取引の重要事項

アラート・追加証拠金

アラート通知

お客さまの証拠金維持率が、設定されているロスカット水準に対して一定の水準となった時点で、その事実をプレアラート通知またはアラート通知として登録メールアドレス宛に通知します。これらの通知はロスカット水準の設定値と連動しており、プレアラート通知は、証拠金維持率がロスカット水準の設定値+50%未満となった場合、アラート通知は、証拠金維持率がロスカット水準の設定値+20%未満となった場合に送信されます。
ロスカット水準の設定値に対するアラート通知およびプレアラート通知の証拠金維持率の値は、次の表に掲げるとおりです。

ロスカット水準 レバレッジ25倍コース レバレッジ10倍コース レバレッジ5倍コース レバレッジ2倍コース
アラート プレアラート アラート プレアラート アラート プレアラート アラート プレアラート
95% 115% 145% 115% 145% 115% 145% 115% 145%
90% 110% 140% 110% 140% 110% 140% 110% 140%
85% 105% 135% 105% 135% 105% 135% 105% 135%
80% 100% 130% 100% 130% 100% 130% 100% 130%
75% 95% 125% 95% 125% 95% 125% 95% 125%
70% 90% 120% 90% 120% 90% 120% 90% 120%
65% 85% 115% 85% 115% 85% 115% 85% 115%
60% 80% 110% 80% 110% 80% 110% 80% 110%
55% 75% 105% 75% 105% 75% 105% 75% 105%
50%
(初期値)
70% 100% 70% 100% 70% 100% 70% 100%
45% 65% 95% 65% 95% 65% 95%
40% 60% 90% 60% 90% 60% 90%
35% 55% 85% 55% 85%
30% 50% 80% 50% 80%
25% 45% 75% 45% 75%
20% 40% 70% 40% 70%

CHECK! メール通知に関する注意事項

  • プレアラート通知、アラート通知は、原則としてそれぞれ1取引日に1回送信されます。ただし、送信後にロスカットルールが適用され、もしくは強制決済された場合、またはレバレッジコースもしくはロスカット水準の設定を変更した場合に、その後、再び証拠金維持率がプレアラート通知またはアラート通知の基準に達した場合は、その時点にも送信されます。
  • 建玉を保有した時点で、証拠金維持率がプレアラート通知またはアラート通知の基準値を下回った場合にも送信されます。
  • アラート通知送信の判断となる純資産の評価は一定間隔で行っておりますので、リアルタイムで時価評価する場合に比べ、プレアラート通知、アラート通知が送信されるまでにタイムラグが生じ、取引レートが急激に変動したときなどは、プレアラート通知、アラート通知の送信が遅れる場合があります。また、プレアラート通知、アラート通知が送信されるまえに、ロスカット基準額に到達しロスカットされる場合もあります。
  • プレアラート通知、アラート通知は、電子メールを利用しますので、回線の通信速度、障害又は通信環境の変化等により、遅延や不着等が発生する場合があります。

追加証拠金

レバレッジ25倍コースにおいて、毎取引日の取引時間終了時点におけるビッドレートとアスクレートの中心値を基準に算出された必要証拠金に対する純資産の割合(以下「証拠金維持率」といいます。)が100%を下回ったときは、追加証拠金(いわゆる「追証」)が発生します(レバレッジ2倍コース、5倍コース、10倍コースにおいては発生しません。)。追加証拠金が発生したときは、原則、毎取引日の取引時間終了時点の属する日の午後6時までに、その下回った額以上の追加証拠金を入金するか、あるいは建玉の全部または一部を決済し、追加証拠金が発生した状況を解消する必要があります。ただし、取引時間終了時点に属する日が取引日に該当しない場合は、翌取引日の午後6時までとします。なお、追加証拠金が発生した後、相場の変動等によりお客さまの証拠金維持率が100%を回復した場合でも追加証拠金が発生した状況の解消とは扱われません。

CHECK! 追証に関する注意事項

  • 追証が発生した後、相場の変動等により、お客さまの純資産が必要維持証拠金の額を上回った場合でも追証の解消とはみなされず、追証金額以上の証拠金を入金するか、お客さまのポジションの一部または全部を決済する必要があります。(自然解消は認められません)
  • 追証発生時には、円普通預金口座への振替(振替出金)はできません。追証解消後に、可能となります。
  • FX証拠金の追加入金につきましては、必ずご自身で円普通預金口座から、新・楽天銀行FX口座にご資金をお振替えください。カスタマーサービスセンターでは証拠金振替入出金を承っておりません。
  • 年末年始・クリスマス時期等には、上記と異なる追証期限を定めることがあります。その場合には事前に通知します。
  • 電子メールによる通知は、回線の速度、障害又は通信環境の変化等により、遅延や不着等が発生する場合があります。従って当行はメール通知についていかなる保証をするものではなく、それら遅延や不着等によって被った損害について当行は一切の補償はできかねますのであらかじめご了承ください。

項目 内容
(1)追証判定 【米国夏時間】
  • ニューヨーククローズ : 午前5時55分(日本時間)
  • 追証判定結果通知 : 概ね午前6時30分(日本時間)
【米国冬時間】
  • ニューヨーククローズ : 午前6時55分(日本時間)
  • 追証判定結果通知 : 概ね午前7時30分(日本時間)
(2)追証期限 【米国夏・冬時間】
18:00(日本時間)
  • 夏、冬の区別はありません。

ロスカット

新・楽天銀行FXでは、純資産の評価を一定間隔で行っております。当該純資産の評価を行った時点で、証拠金維持率が所定の水準(以下「ロスカット水準」といいます。)に達したときは、損失の拡大を防ぐために、全ての未決済ポジションが自動的に決済される「ロスカットルール」を採用しております。

ロスカット水準の変更

ロスカット水準は、取引システムにおいて変更することができます(取引口座の開設時は、レバレッジコースにかかわらず50%を初期値として設定されます。)。ただし、次の表に掲げるとおり、レバレッジコースによっては、選択できないロスカット水準があります。

(○印=設定可能/×印=設定不可 カッコ内はロスカットされる証拠金維持率)

ロスカット水準
設定値
レバレッジ25倍コース レバレッジ10倍コース レバレッジ5倍コース レバレッジ2倍コース
95% ○(3.8%) ○(9.5%) ○(19.0%) ○(47.5%)
90% ○(3.6%) ○(9.0%) ○(18.0%) ○(45.0%)
85%○(3.4%)○(8.5%)○(17.0%)○(42.5%)
80%○(3.2%)○(8.0%)○(16.0%)○(40.0%)
75%○(3.0%)○(7.5%)○(15.0%)○(37.5%)
70%○(2.8%)○(7.0%)○(14.0%)○(35.0%)
65%○(2.6%)○(6.5%)○(13.0%)○(32.5%)
60%○(2.4%)○(6.0%)○(12.0%)○(30.0%)
55%○(2.2%)○(5.5%)○(11.0%)○(27.5%)
50%
(初期値)
○(2.0%)○(5.0%)○(10.0%)○(25.0%)
45%×○(4.5%)○(9.0%)○(22.5%)
40%×○(4.0%)○(8.0%)○(20.0%)
35%××○(7.0%)○(17.5%)
30%××○(6.0%)○(15.0%)
25%××○(5.0%)○(12.5%)
20%××○(4.0%)○(10.0%)
  • 建玉を保有している場合、および発注中の注文がある場合には、ロスカット水準の設定値のみを上げる変更はできません。
    例) ロスカット水準を20%から95%に変更する場合
  • 建玉を保有している場合、および発注中の注文がある場合で、レバレッジコースとロスカット水準を同時に変更する場合、変更後のロスカットされる証拠金維持率(上記の表のうちカッコ内の値)が、変更前の値よりも大きい値となる変更はできません。
    例えば、レバレッジ2倍コース・ロスカット水準20%に設定されている場合で、レバレッジ5倍コース・ロスカット水準55%に変更する場合、変更前の値(10.0%)よりも変更後の値(11.0%)の値の方が大きくなるため、変更できません。
  • 取引停止時間、保守、障害その他本取引の停止中は変更できません。

CHECK! ロスカットに関する注意事項

  • ロスカットの判断となる純資産の評価は一定間隔で行っておりますので、リアルタイムで時価評価する場合に比べ、ロスカットが執行されるまでにタイムラグが生じ、取引レートが急激に変動したときなどは、お客さまの損失が拡大する可能性があります。
  • 値動きが激しい場合や、また週が変わるときなどに、ロスカット水準を大きく割り込み、大きな損失が発生する場合があります。

不足金

受入証拠金がマイナスの場合の不足金

激しい相場の急変時においては、ポジションの決済損が差し入れている受入証拠金を上回り、不足金が発生する場合があります。
当行はニューヨーク市場クローズ時点において、不足金の判定を行っております。不足金が発生した場合には、当該時点から起算して受渡日(翌々営業日)の15:00までに FX口座に当該不足金を振替入金してください。