ホーム > 資産運用 > FX > スプレッド・証拠金


スプレッド・証拠金

お取引の際に必ずお読みください 店頭外国為替証拠金取引の重要事項

コストについて

手数料

無料

証拠金・スプレッド

スプレッド

ドル/円 銀行業界最低水準スプレッド! ドル/円 0.5銭(例外あり)※2016年8月24日現在楽天銀行調べ

スプレッドってなに?

お客さまの買いレート(ASK)と売りレート(BID)の差のことをスプレッドといいます。FX取引では、スプレッドのコスト分を超えたレートで決済すれば利益が出ることとなります。したがって、スプレッドが狭いほうが低コストであり、お客さまにとって有利になります。

通常時は下記スプレッドでお取引いただいておりますが、早朝時や経済指標発表時等、市場の流動性によってスプレッドが広がる場合があります。また、実際の取引時のスプレッドを保障するものではなく、お客様の約定結果による実質的なスプレッドが広告表示の値と合致しない場合があります。

ストリーミングやASストリーミング注文時におけるスリッページは、注文時に指定して設定することができます。

通貨ペア 通貨ペア
(英語表記)
取引単位 ティック スプレッド 必要証拠金(証拠金率)
ドル/円 USD/JPY 1,000 0.1銭 0.5銭 レバレッジ25倍コース
→4.0%
レバレッジ10倍コース
→10.0%
レバレッジ5倍コース
→20.0%
レバレッジ2倍コース
→50.0%
ユーロ/円 EUR/JPY 1,000 0.1銭 1.1銭
ポンド/円 GBP/JPY 1,000 0.1銭 2.9銭
豪ドル/円 AUD/JPY 1,000 0.1銭 1.2銭
NZドル/円 NZD/JPY 1,000 0.1銭 3.9銭
ランド/円 ZAR/JPY 1,000 0.1銭 3.9銭
カナダ/円 CAD/JPY 1,000 0.1銭 3.9銭
スイス/円 CHF/JPY 1,000 0.1銭 5.9銭
香港ドル/円 HKD/JPY 1,000 0.1銭 2.9銭
SGドル/円 SGD/JPY 1,000 0.1銭 4.9銭
ユーロ/ドル EUR/USD 1,000 0.1pips 0.9pips
ポンド/ドル GBP/USD 1,000 0.1pips 1.9pips
豪ドル/ドル AUD/USD 1,000 0.1pips 1.9pips
NZドル/ドル NZD/USD 1,000 0.1pips 4.0pips
ドル/スイス USD/CHF 1,000 0.1pips 5.0pips
ポンド/スイス GBP/CHF 1,000 0.1pips 5.0pips
ユーロ/ポンド EUR/GBP 1,000 0.1pips 4.0pips
ユーロ/スイス EUR/CHF 1,000 0.1pips 5.0pips
豪ドル/スイス AUD/CHF 1,000 0.1pips 7.0pips
NZドル/スイス NZD/CHF 1,000 0.1pips 8.0pips
豪ドル/NZドル AUD/NZD 1,000 0.1pips 12.0pips
Nクローネ/円 NOK/JPY 1,000 0.1銭 3.9銭
トルコリラ/円 TRY/JPY 1,000 0.1銭 10.0銭
人民元/円 CNH/JPY 1,000 0.1銭 3.0銭

2016年9月24日現在

外貨建て取引(日本円の介在しない為替取引)
現地通貨が外貨の取引にかかる利益及び損失は、自動的に円貨へ転換されます。

対象となる通貨ペア
ユーロ/ドル、ポンド/ドル、豪ドル/ドル、NZドル/ドル、ドル/スイス、ポンド/スイス、ユーロ/ポンド、ユーロ/スイス、豪ドル/スイス、NZドル/スイス、豪ドル/NZドル

対象となる差損益金等

  • 決済時に発生する差損益金(決済注文約定時に転換)
  • スワップポイントの受払い(スワップポイント受払時に転換)

レバレッジコースと証拠金率

レバレッジコースは、「レバレッジ25倍コース」「レバレッジ10倍コース」「レバレッジ5倍コース」「レバレッジ2倍コース」の4種類から取引口座の開設時にお選びいただけます。また、設定したレバレッジコースは取引システムにおいて変更することができます。なお、証拠金率はレバレッジコースごとに固定されており、お客さまが変更することはできません。

レバレッジコースの種類 証拠金率
レバレッジ2倍コース 50.0%
レバレッジ5倍コース 20.0%
レバレッジ10倍コース 10.0%
レバレッジ25倍コース 4.0%
  • 建玉を保有している場合、および発注中の注文がある場合には、レバレッジを下げるコース変更はできません。
    例) レバレッジ25倍コースからレバレッジ10倍コースに変更する場合
  • 取引停止時間、保守、障害その他本取引の停止中は変更できません。

スワップポイント

スワップポイントとは
スワップポイントとは、通貨間の金利差調整分のことです。一般的に、金利の低い通貨を売って、金利の高い通貨を買えば、2通貨間の金利差からその差額を受け取ることができます。
ただし、2通貨間の金利差が縮小するとスワップポイントの額は少なくなり、また、金利差が逆転するとスワップポイントの受取りと支払いの関係が逆転します。
また、稀に一方の通貨において、価格が不安定な状況となった場合に、金利差を反映しない場合がありますので、ご注意ください。
スワップポイントの精算タイミングについて
スワップポイントの精算タイミングについては、各営業日の終了時(メンテナンスに入る時間)となります。メンテナンス時間に入った時点でポジションを保有していた場合、メンテナンス時間終了後、保有ポジションに応じてスワップポイントが精算されます。なお当社のシステムにおいては、スワップポイントは純資産には毎営業日反映されますが、お客様のお預かり口座で実際に受渡されるのは発生日の翌営業日の時点となっております。
スワップポイントの算出方法
スワップポイントは、インターバンク内の取引にかかる受渡日が考慮されて付与する日数分が決定します。お客さまが実際にポジションをお持ちの日数とは異なります。
スワップポイントは以下の方法で算出します。また、同じ通貨ペアの建玉がある場合、スワップポイントの計算は個々の建玉ごとに行います。
通貨ペア スワップポイントを受取りの場合 スワップポイントを支払いの場合
対円
通貨ペア
保有金額÷10,000×受取スワップの金額=スワップの受取金額(少数点第一位を切り捨て) 保有金額÷10,000×支払スワップの金額=スワップの支払金額(少数点第一位を切り上げ)
対円以外の
通貨ペア
①保有金額÷10,000×受取スワップの金額=スワップ受取金額(少数点第三位を切り捨て)
②スワップの受取金額(外貨)×外貨の対円レート終値(Bid)=スワップの受取金額(小数点第一位を切り捨て)
①保有金額÷10,000×支払スワップの金額=スワップの支払金額(少数点第三位を切り上げ)
②スワップの支払金額(外貨)×外貨の対円レート終値(Ask)=スワップの支払金額(小数点第一位を切り上げ)

2017年スワップカレンダー

1月 PDF          

2016年スワップカレンダー

2015年スワップカレンダー

2014年スワップカレンダー

取引数量上限

1回の注文につき 200万通貨単位 まで


文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

FXのお取引

お問い合わせ

このカテゴリの
よくあるご質問

  • セキュリティ対策について

  • 商号:楽天銀行株式会社
  • 登録番号:登録金融機関 関東財務局長(登金)第609号
  • 加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会