はじめてのFX 「FXって何? 興味はあるけど…」 を解決します!

スプレッドとは?

Lesson2 スプレッドとはFXの“取引コスト”です。

楽天銀行ではドル/円スプレッドがわずか0.3銭!(例外あり)低コストも魅力のひとつです。

まずは気になる費用について学んでみよう

FXの費用は「取引手数料」と「スプレッド」

取引手数料とは

FXのお取引成立時に発生する売買手数料のことをいいます。「新・楽天銀行FX」は取引手数料0円(無料)です。

正午現在の東京外国為替市場の円相場は、1ドル112円10銭~15銭の間で取引されています。

スプレッドとは

TVのニュースなどで“この時間の東京外国為替市場の円相場は112円10銭~15銭で…”といったコメントを耳にしたことがあるかと思います。外国為替取引は売るときと買うときでレートが異なりますが、この数字はその外貨の買値と売値の差(乖離)を表しています。FXの「スプレッド」とはお客さまがFX取引をする際の買値と売値の差(お取引にかかるコスト)のことです。スプレッドが狭いほうが低コストであり、お客さまにとって有利になります。外貨預金にも同様に「預入レート」と「払戻レート」という買値と売値の差がありますが、一般にFXの方が低コストでお取引いただけます。

取引画面を知ろう!

「新・楽天銀行FX」の取引画面では、売りの価格と買いの価格がそれぞれ表示されます。
(※こちらはストリーミング注文画面の例です。)

この売値買値の価格差のことを「スプレッド」と言います。

知っ得ポイント!

ドル/円 0.3銭(例外あり) 「新・楽天銀行FX」はドル/円ならスプレッド0.3銭!

スプレッドについて
通常時は上記スプレッドでお取引いただいておりますが、早朝時や経済指標発表時等、市場の流動性によってスプレッドが広がる場合があります。また、実際の取引時のスプレッドを保証するものではなく、お客様の約定結果による実質的なスプレッドが広告表示の値と合致しない場合があります。

PREV FXって何だろう? 外貨預金とはここが違う!

NEXT 資金効率最大25倍 「レバレッジ」を活かして

新・楽天銀行FX口座の開設はこちら

新規のお客さま限定 サマーキャンペーン!新・楽天銀行FX口座開設(無料)と新規建て取引でもれなく最大700,000円 エントリー&FX口座申込期間 2019年8月20日(火)~2019年9月5日(木)※エントリー要

新・楽天銀行FXのリスクと費用について

外国為替証拠金取引(新・楽天銀行FX)の取引にかかるリスク
外国為替証拠金取引は、取引通貨の価格変動や、スワップポイントの支払いにより、損失が生じるおそれがあります。また、外国為替証拠金取引は少額の証拠金で、その差し入れた証拠金を上回る金額の取引をおこなうことができ、大きな損失が発生する可能性があります。また、その損失額は差し入れた証拠金を上回るおそれがあります。
外国為替証拠金取引の取引にかかる費用等
外国為替証拠金取引の取引手数料は無料です。なお、取引にあたっては各通貨の売付価格と買付価格には差(スプレッド)があります。スプレッドは通貨ペアごとに異なります。
証拠金について
外国為替証拠金取引をおこなうには、レバレッジコースに応じて取引金額の4%~50%(最大レバレッジ25倍)の証拠金が必要となります。