ホーム > 資産運用 > FX > 「新・楽天銀行FX」に関するシステム不具合発生時の対応


「新・楽天銀行FX」に関するシステム不具合発生時の対応

システム不具合の定義

システム不具合とは、当行が提供するシステムに明らかな不具合(※)が発生していると当行が判断し、かつ、お客さまがインターネット経由で当行が提供するサービスのお取引等ができない状態を指します。

  • 通信回線の障害やお客さまに起因するパソコンやスマートフォンの不具合または情報ベンダーの障害が原因の場合は、システム不具合に含まれません。

システム不具合の告知方法

当行がシステム不具合を確認した際には、当行ウェブサイトの「お知らせ」ページに「システム不具合のお知らせ」を掲載します。また、システム不具合の状況に応じて、FX取引チャネルの「お知らせ」欄に個別にお客さまにお知らせする場合もあります。

楽天銀行ウェブサイト(ログイン前)の「お知らせ」ページ

新・楽天銀行FXログイン後画面の「お知らせ」ページ

※パソコンサイトの場合

※スマートフォンアプリの場合

正常に執行されなかった注文の取扱い

お客さまから既に受託した注文がシステム不具合の影響により正常に執行できなかった場合には、当行での注文受付・発注時刻と配信レートの状況とを照合、検証し、当行が以下のように処理させていただきます。

  1. 本来約定すべき注文が、システム不具合により執行できなかった場合
    お客さまの注文を当行が相手方となって適正と認められる価格で成立させます。
    または、システム不具合復旧後、お客さまの注文を改めて発注します。その結果、本来の注文を正当に執行していたときに当然に約定していた価格と差額が生じた場合は、当行が負担して清算します。
  2. 本来約定すべき注文が、システム不具合により執行が遅延し、約定しなかった場合
    お客さまの注文を当行が相手方となって適正と認められる価格で成立させます。
    または、システム不具合復旧後、お客さまの注文を再度発注します。その結果、本来の注文を正当に執行していたときに当然に約定していた価格と差額が生じた場合は、当行が負担して清算します。
  3. システム不具合により執行が遅延し、約定した場合
    約定内容が正常でないと判断され、誤って約定した価格と注文を正当に執行していたときに当然に約定していた価格と差額が生じている場合は、当行が負担して清算します。
  4. システム不具合により取消注文が正常に執行されず約定してしまった場合
    誤って成立した当該約定を事後的に取り消します。
  • 上記1および上記2のケースにおいて、お客さまから取消注文を受託していた場合は、システム不具合の影響いかんによらず、最終的に取消の意思があったものとして処理させていただきますので、ご注意ください。
  • お客さまご自身が入力され、確認画面を経て当行が受託した注文が、お客さまの入力ミス等により過大な数量や意図せぬ価格であった場合でも、当行ではご注文の取消、損失の補填等を行うことができません。
  • 万一、当行のシステムの瑕疵等により制御機能に不具合があった場合も、お客さまの確認を経たものであればご注文の取消、損失の補填等を行うことができません。お客さまご自身で十分にご確認のうえ、注文のご発注をお願いします。
  • システム不具合時のお客さま対応にあたりまして、お客さまのご意向を確認するために、ご連絡を差し上げる場合がありますので、その際はご協力くださいますようお願いします。

注文を受注していない場合

システム不具合により注文を受注していない場合(システム不具合により注文ができなかった場合)

(例)

  • ログインできず注文が出せなかったので、得られたであろう利益が享受できなかった
  • 約定結果の画面反映に時間を要したので反対売買が発注できず、得られたであろう利益が享受できなかった
  • 注文を取消(訂正)する予定であったが、画面の遷移が遅く取消(訂正)が発注できず元の注文で約定してしまった

これらは、いわゆる機会損失に該当します。
当行として受注行為がないことから価格の確定ができず、損失額の確定ができません。従いましてこのような機会損失については損失を補填することができませんので、あらかじめご了承ください。

「示談」等での解決

法律で定められている方法以外による損失の補填は認められておりません。いわゆる「示談」あるいはそれに類似するようなお申し出に対しては応じかねます。合わせてご了承ください。