ホーム > 資産運用 > FX > 新・楽天銀行FX レバレッジ選択機能導入に伴う契約締結前交付書面の改定について


新・楽天銀行FX レバレッジ選択機能導入に伴う契約締結前交付書面の改定について

2014年8月18日

新・楽天銀行FX 新機能・レバレッジコース設定(2014年8月30日リリース) レバレッジが4つのコースから設定可能に!ロスカット水準も任意で設定できるようになります

2014年8月30日(予定)より、「新・楽天銀行FX」の新機能として、「レバレッジ選択機能」を追加します。選べるレバレッジは、現行の25倍に新設3コース(レバレッジ2倍コース、レバレッジ5倍コース、レバレッジ10倍コース)を加えた全4コース。また全てのコースでロスカット水準の設定が可能で、それぞれのお客さまの投資経験や資産状況、そして相場環境に合わせて自由に設定いただけるようになります。これにともない「新・楽天銀行FX」の「契約締結前交付書面(店頭外国為替証拠金取引説明書)」と「店頭外国為替証拠金取引ルール」を一部改定いたします。「新・楽天銀行FX」をお取引いただいているお客さまには、以下の「改定にあたってのご注意事項」にある通り、取引画面にログインされる際に改定後の書面の確認が必要となります。改定後の書面は、下記PDFにてご確認ください。

改定にあたってのご注意事項

2014年8月30日(土)より前に新・楽天銀行FX口座を開設されたお客さま

2014年8月30日(土)の当該新機能導入前に新・楽天銀行FX口座を開設されたお客さまにつきましては、新・楽天銀行FX取引画面にて「店頭外国為替証拠金取引説明書」と「店頭外国為替証拠金取引ルール」を一体化した書面(以降、「一体化書面」と言います。)を交付いたします。
2014年8月18日(月)以降、初めて新・楽天銀行FX取引画面にログインされるときに、「一体化書面」の内容を確認していただきます。※改定内容であるレバレッジ機能に関する項目が追加されております。

なお、「一体化書面」は新・楽天銀行FX取引画面上で、PDF形式で交付いたします。内容をご確認いただいた後、「確認」というボタンを押下していただければ、通常通りお取引することが可能です。「戻る」ボタンを押下しても、新・楽天銀行FX取引画面へログインすることはできますが、8月30日(土)以降はご確認いただくまでお取引することができなくなりますのでご注意ください。

また、モバイル版の「新・楽天銀行FX-モバイルWEB」取引画面から「一体化書面」の内容を確認することは出来ません。恐れ入りますが、パソコンから「新・楽天銀行FX-WEB」(PC画面)にログインしていただき、ご確認いただきますようお願いいたします。PC画面にて「確認」ボタンを押下後は、モバイルでのお取引も通常通り行なえます。
モバイルでのお取引が中心のお客さまにはご面倒をおかけいたしますが、何卒ご理解くださいますようお願いいたします。

 

2014年8月30日(土)以降に新・楽天銀行FX口座の開設を希望されるお客さまへ

2014年8月30日(土)以降に新・楽天銀行FX口座の開設を希望されるお客さまは、こちらのページの「店頭外国為替証拠金取引説明書」と「店頭外国為替証拠金取引ルール」に加え「市場デリバティブ取引に係るご注意」及び「店頭外国為替証拠金取引ソフトウェア規定」を熟読し、店頭外国為替証拠金取引の内容及びリスクをよくご理解の上、新・楽天銀行FX口座の開設申し込みを行なってください。

また、新・楽天銀行FX口座開設後、初めて新・楽天銀行FX取引画面へログインをされた際は、前述の「一体化書面」の内容をご確認いただくこととなります。

レバレッジ選択機能の主なポイント

レバレッジコースとロスカット水準の組み合わせは以下のようになります。

現行   新設 必要証拠金額
レバレッジ25倍
(ロスカット水準50%)
レバレッジ25倍コース
(ロスカット水準 ※1 50~95%)
証拠金率4%
ex.4万円 ※2
レバレッジ10倍コース
(ロスカット水準 ※1 40~95%)
証拠金率10%
ex.10万円 ※2
レバレッジ5倍コース
(ロスカット水準 ※1 20~95%)
証拠金率20%
ex.20万円 ※2
レバレッジ2倍コース
(ロスカット水準 ※1 20~95%)
証拠金率50%
ex.50万円 ※2
  • ※1 ロスカット水準は5%刻みとなります
  • ※2 1米ドル=100円の場合にドル/円1万通貨の取引に必要な証拠金額の例示です

レバレッジコースとロスカット水準の変更方法

2014年8月30日(土)以降に新・楽天銀行FX口座の開設をされる場合は、口座開設時にレバレッジコースを設定いただけます。既にFX口座開設済み、または開設後に変更される場合は、次の手順でお願いいたします。

  • 「新・楽天銀行FX-WEB」にログイン後、メニューの「口座」>「各種設定」から「レバレッジ設定」タブを選択。
  • プルダウンメニューより、レバレッジコースとロスカット水準を選択。
  • 「確認」、「設定」ボタンをクリックし完了。

ご希望のレバレッジコースとロスカット水準を選択し、「確認」ボタンを押してください。

確認画面で変更内容を確認したら【設定】ボタンをクリックし、設定完了です。

  • 建玉を保有している場合、および発注中の注文がある場合には、レバレッジを下げるコース変更はできません。
    例)レバレッジ25倍コースからレバレッジ10倍コースに変更する場合
  • 建玉を保有している場合、および発注中の注文がある場合には、ロスカット水準の設定値のみを上げる変更はできません。
    例)ロスカット水準を20%から95%に変更する場合。
  • 建玉を保有している場合、および発注中の注文がある場合で、レバレッジコースとロスカット水準を同時に変更する場合、変更後のロスカットされる証拠金維持率(上記の表のうちカッコ内の値)が、変更前の値よりも大きい値となる変更はできません。
    例えば、レバレッジ2倍コース・ロスカット水準20%に設定されている場合で、レバレッジ5倍コース・ロスカット水準 
    55%に変更する場合、変更前の値(10.0%)よりも変更後の値(11.0%)の値の方が大きくなるため、変更できません。
  • 取引停止時間、保守、障害その他本取引の停止中は変更できません。

新・楽天銀行FXのリスクと費用について

外国為替証拠金取引(新・楽天銀行FX)の取引にかかるリスク
外国為替証拠金取引は、取引通貨の価格変動や、スワップポイントの支払いにより、損失が生じるおそれがあります。また、外国為替証拠金取引は少額の証拠金で、その差し入れた証拠金を上回る金額の取引をおこなうことができ、大きな損失が発生する可能性があります。また、その損失額は差し入れた証拠金を上回るおそれがあります。
外国為替証拠金取引の取引にかかる費用等
外国為替証拠金取引の取引手数料は無料です。なお、取引にあたっては各通貨の売付価格と買付価格には差(スプレッド)があります。スプレッドは通貨ペアごとに異なります。
証拠金について
外国為替証拠金取引をおこなうには、通貨ペアごとに取引金額の4%(最大レバレッジ25倍)の証拠金が必要となります。