新・楽天銀行FX 決済注文機能にトレール注文を追加しました!

新・楽天銀行FXでは、決済注文に「トレール」機能を追加しました!

「トレール注文」とは、決済の逆指値注文を相場の動き(為替レートの上昇や下降)に応じて自動で追従させ、決済注文の価格設定を自動的に修正する機能です。
相場が思惑通りに動いた場合(買い建玉を保有していればレート上昇、売り建玉を保有していればレート下落)、あらかじめ設定した値幅(トレール幅)に応じて、決済逆指値注文のレートが追従していきます。一方、相場が思惑とは逆方向に動いた場合は、設定した逆指値注文のレートは変動しません。そのため、トレンドが発生した場合は利益を伸ばすことができ、その後相場が反転した場合は、早めに利益を確定することが可能となります。

リスク管理をしながら安心してFX取引を行っていただけますので、FX初心者のかたにもおススメな注文方法です。

トレール注文のメリット

  • 下記の為替チャートイメージは買いポジションに対して、通常の決済逆指値注文を行うケースと、トレール幅1円でトレール注文を行うケースの比較図になります。

逆指値注文の場合

トレール注文の場合

  • 上記の為替チャートはトレール注文のメリットを説明するためのイメージ図であり、実際の為替チャートとは異なります。

スマートフォンアプリ(iSPEEDFX)のお取引画面

決済注文画面の中で、トレール注文を設定できるようになりました。

※ストリーミング注文画面

①決済注文欄の損失幅設定にチェックを入れる
(利益幅も同時に設定する場合は、利益幅にもチェックを入れ設定いただくことも可能です)

②トレール注文タブを選択

③トレール幅を設定
(トレール幅は1.0から499.9の範囲で入力できます)

④売り注文または買い注文を選択し、注文完了

<PR>楽天銀行では、金額上限なしで毎月現金がもらえる、取引プログラムを実施中!

プレゼント金額上限なし FXプログラム 全通貨ペア対象 FX取引100万通貨ごとに現金100円プレゼント 米ドル/円スプレッド0.3銭(例外あり)

新・楽天銀行FXのリスクと費用について

外国為替証拠金取引(新・楽天銀行FX)の取引にかかるリスク
外国為替証拠金取引は、取引通貨の価格変動や、スワップポイントの支払いにより、損失が生じるおそれがあります。また、外国為替証拠金取引は少額の証拠金で、その差し入れた証拠金を上回る金額の取引をおこなうことができ、大きな損失が発生する可能性があります。また、その損失額は差し入れた証拠金を上回るおそれがあります。
外国為替証拠金取引の取引にかかる費用等
外国為替証拠金取引の取引手数料は無料です。なお、取引にあたっては各通貨の売付価格と買付価格には差(スプレッド)があります。スプレッドは通貨ペアごとに異なります。
証拠金について
外国為替証拠金取引をおこなうには、レバレッジコースに応じて取引金額の4%~50%(最大レバレッジ25倍)の証拠金が必要となります。