ホーム > 資産運用 > 外貨預金 > 外貨定期預金 > 商品詳細説明書


商品詳細説明書

お取引の際に必ずお読みください 外貨預金の重要事項

2013年11月25日から2013年12月8日まで受入分

1. 商品名 外貨定期預金
2. 販売対象 当行の円貨普通預金口座をお持ちで年齢20歳以上のお客さま
  • ただし、あらかじめお取引を希望される通貨の外貨普通預金口座を開設していただく必要があります。
3. 期間
  • 1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、1年、2年
    • お預入期間に応じて、例えば「1年もの」等と表記することがあります。
    • 南アフリカランド、メキシコペソ、中国人民元の「2年もの」はございません。
  • 満期日は当行が以下のいずれかより指定します。なお、一般の休日が満期日となることがあります(「一般の休日」とは、土・日曜日、国民の休・祝日、12月31日、1月2日および3日をいいます。)。
    • 1)預入期間の最後の月にその預入日に応当する日(以下「応当日」といいます。)があるときは、その応当日
    • 2)預入期間の最後の月に応当日がないときは、その最後の月の末日
  • 自動解約方式でのお取扱いとなりますので、元利金をあらかじめ指定された同じ通貨の外貨普通預金に入金します。
4. 取扱通貨 アメリカドル(米ドル)、ユーロ、オーストラリアドル(豪ドル)、イギリスポンド(英ポンド)、ニュージーランド(NZドル)、南アフリカランド(南アランド)、メキシコペソ(MXNペソ)、中国人民元(人民元)
  • 2012年3月19日以降、メキシコペソの新規預入を停止いたしております(払戻については変更ございません)。また、現在メキシコペソ定期預金にお預入れいただいているお客さまのご資金につきましては、満期まで、引き続きお預入れいただけます(満期後、メキシコペソ普通預金において、引き続きお預入れいただくことも可能ですが、満期または中途解約後、改めて新規に定期預金にお預入れいただくことはできません)。なお、新規預入の再開時期は未定です。
5. 預入方法
  • (1)預入方法:一括預入
    • ただし、お客さまの当行外貨普通預金から同通貨の外貨定期預金への振替入金とさせていただきます。
  • (2)最低お預入金額:アメリカドル:700アメリカドル以上、ユーロ:500ユーロ以上、オーストラリアドル:900オーストラリアドル以上、イギリスポンド:350イギリスポンド以上、ニュージーランドドル:900ニュージーランドドル以上、南アフリカランド:5,500南アフリカランド、メキシコペソ:11,000メキシコペソ以上、中国人民元:6,000人民元
    • 為替レートの変動等により予告なく変更する場合があります。
  • (3)1取引あたり取扱金額:上記最低預入金額以上で、上限はありません。
  • (4)預入単位:各通貨とも1補助通貨単位
  • (5)預入限度額:制限はありません。
  • (6)外貨定期預金の新規のお預入れには、事前にワンタイム認証のメール設定が必要です。
6. 払戻方法 満期日に利息とともに当該通貨の普通預金へ振替えいたします。
7. 利息
  • (1)適用金利:市場金利の動向に応じて随時決定し、当行web画面に表示します。当該金利を約定金利として満期日まで適用いたします。(固定金利)
    • ただし、満期日以降は自動的に外貨普通預金に振替えられます。したがって満期日以降は当行外貨普通預金金利が適用されます。
    • 通貨の種類、預入金額、預入期間、預入日などにより、金利は異なります。
  • (2)利払方法:満期日に一括して利払いをいたします。
  • (3)計算方法:付利単位を1補助通貨とし、1年を365日とする日割り計算(端数切り捨て)
  • (4)付利対象期間:預入日から満期日の前日までです。
  • (5)補助通貨単位:
    アメリカドル:0.01アメリカドル(=1セント)
    ユーロ:0. 01ユーロ(=1セント)
    オーストラリアドル:0.01オーストラリアドル(=1セント)
    イギリスポンド:0.01イギリスポンド(=1ペニー)
    ニュージーランドドル:0.01ニュージーランドドル(=1セント)
    南アフリカランド:0.01南アフリカランド(=1セント)
    メキシコペソ:0.01メキシコペソ(=1センターボ)
    中国人民元:0.01中国人民元(=1分)
8. 中途解約

お客さまのログイン後画面上で中途解約ができます。

  • あらかじめワンタイム認証に利用するメールアドレスの設定が必要です。

その際の利息は預入日から解約日の前日までの期間について、後記「中途解約利率」で計算し、元金・利息ともにお客さまの当行の外貨普通預金へ振替えます。
中途解約をするときは以下の中途解約利率を、お預入日に遡って適用いたします。
中途解約利率=約定利率×10%(小数点第3位以下は切り捨てます。)

9. 一部解約 一部解約はできません。
10. 為替コスト 外貨定期預金への預入れおよび払戻時には、外貨普通預金との間での振替となるため、為替コストはかかりません。
ただし、円貨普通預金から外貨普通預金への預入れおよび外貨普通預金から円貨普通預金への払戻しの際は、当行が取引可能な市場実勢為替レートを基準として、当行所定の為替コストをご負担いただきます。そのため、預入時と払戻時の為替レートに変動がない場合でも、往復の為替コストがかかるため、お受取りの外貨の円換算額が当初外貨預金作成時の払込円貨額を下回る(円ベースで元本割れとなる)リスクがあります。
具体的な為替コストについては、外貨普通預金の商品説明書をご覧ください。
11. 為替変動 為替相場の動向によっては為替差損が生じ、お受取りの外貨の円換算額が当初外貨預金作成時の払込円貨額を下回る(円ベースで元本割れとなる)リスクがあります。
12. カントリーリスク エマージング通貨である南アフリカランド、メキシコペソおよび中国人民元の取引は、当該国の政治・経済・社会情勢の不安定化や混乱、また規制の変更等によって、通貨価値の大幅な変動や流動性の低下、市場の機能停止の可能性など、先進国通貨に比べて相対的に大きなカントリーリスクが内在します。
従って、市場の流動性が極端に低下している場合には、既に預入れいただいた南アフリカランド建て、メキシコペソ建ておよび中国人民元建て外貨預金の円貨への払戻取引に応じられない可能性があります。また、南アフリカ共和国、メキシコ合衆国および中華人民共和国の格付けが一定水準未満となる等、当行の外貨預金通貨として取扱いを継続するに相応しくないと当行が判断した場合には、新規預入を停止することがあります。
以上のように、南アフリカランド、メキシコペソおよび中国人民元の取引にあたっては、先進国通貨に比べて相対的に大きなリスクがある点を十分ご理解の上、取引のご判断をお願いします。
13. 取扱時間 原則として24時間お取引が可能です。ただし、システムメンテナンス時等を除きます。なお、中途解約については原則として毎週月曜日午前8時から土曜日午前2時59分まで(年末年始を除く)のお取扱いとなります。
14. 預金保険 外貨預金は預金保険の対象ではありません。破たん金融機関の財産の状況に応じて支払われます。
15. 税金に関する事項
  • (1)利息:源泉分離課税20.315% (国税15.315%、地方税5%)の税金が適用されます。
    • 利息には復興特別所得税が課され、源泉分離課税20.315%(国税15.315%、地方税5%)となります。
  • (2)為替差益:雑所得として確定申告による総合課税の対象となります。
    • ただし、年収2,000万円以下の給与所得者で、給与所得および退職所得以外の所得が為替差益を含めて年間20万円以下の場合は、確定申告は不要です。
  • (3)為替差損:黒字の雑所得から控除することができます。
  • 詳しくは、税理士・公認会計士にご相談ください。
16. 当行が契約している指定紛争解決機関 一般社団法人 全国銀行協会
連絡先 全国銀行協会相談室
電話番号 0570-017109 または03-5252-3772