ホーム > 資産運用 > 円預金 > 新型定期預金 > 楽天デュアル定期預金(為替特約定期預金) > ご注意


楽天デュアル定期預金

預金保険対象

ハッピープログラム ポイント貯まる

お取引の際に必ずお読みください 為替特約定期預金(通貨変動型)の重要事項

ご注意

楽天デュアル定期預金は、通常の預金よりも魅力的な金利が得られる代わりに、商品性が複雑でリスクの高い預金です。

ウェブページでの商品性の説明やお取引の流れの説明に加えて「契約締結前交付書面及び募集要項」「商品詳細説明書」「為替特約定期預金(通貨変動型)規定」をよくお読みいただき、この預金が内包するリスクを十分に理解した上で、お申込みいただきますようお願いいたします。

なお、この預金のお申込みの際は、以下の確認書をログイン後画面にて提出していただきます。

お取引に関する確認書

私は、貴行所定の為替特約定期預金(通貨変動型)規定に同意のうえ、次の事項を確約し、この預金を申し込みます。

  1. 契約締結前交付書面の交付および条件・商品内容理解の確認
    私は、貴行ウェブサイトに掲載されている重要事項説明書、募集要項および契約締結前交付書面を閲覧またはダウンロードする方法により交付を受け、その記載内容を熟読し、その内容を十分に理解し、自己の責任と判断においてこの預金を申し込みます。したがって、私はこの預金の償還通貨にかかる貴行の判断に異議を申し立てません。
  2. 償還通貨特約について
    私は、この預金では、円定期預金または外貨定期預金に『償還通貨特約』を組み合わせることにより、通常の円定期預金または外貨定期預金よりも預入利率が高く設定されている一方、この特約には以下の特徴があることを理解しています。
    • 満期日の2営業日前(以下「判定日」といいます。)における当行所定の為替相場水準(以下「判定レート」といいます。)によっては、満期日における元本および利息(以下「元利金」といいます。)の受け取りが、預入通貨ではなく私があらかじめ選択した通貨(以下「相対通貨」といいます。)での受け取りとなる場合があること。
    • 元利金を支払う通貨を選択する権利は、貴行のみが行使でき、私にその権利はないこと。
    • 元利金の受け取りが相対通貨となった場合、元利金は、預入日における預入通貨と相対通貨との間の当行所定の実勢為替相場水準に、当行所定の一定の幅のうち、私が申込時に選択した幅を加えて定められた為替レート(以下「特約レート」といいます。)にて相対通貨に交換されること。
    • 貴行が、預入日にこの預金により貴行に生じるリスクを相殺するための取引(以下「オプション取引」といいます。)を行っており、このオプション取引が成立しなかった場合、貴行は、この預金を解約できること。また、この場合、振替えられた資金は、預入通貨の当行普通預金口座へ無利息で払戻されること。
    • 特約レートは、貴行が行うオプション取引の成立時点において決定されることから、私が、この預金の申込後オプション取引の成立時点までの間に預入通貨と相対通貨との市場実勢相場が急激に変動した場合、私にとって不利な特約レートが設定されることがあること。
    • 判定日における判定レートが、特約レートより預入通貨の価値の方が高い場合、元利金が特約レートにて相対通貨に交換されて満期日に支払われるため、満期日に市場実勢相場で預入通貨から相対通貨に転換する場合と比べて、通常、私にとって不利な条件で交換され、受け取った元利金を満期日における市場実勢相場で換算した場合、預入通貨ベースで元本割れする可能性があること。
    • 他方、判定日における判定レートが、特約レートと同一または特約レートより預入通貨の価値 の方が安い場合、元利金は預入通貨で満期日に支払われるため、預入時の市場実勢相場より預入通貨の価値が低くなっても、そのメリット(為替差益)を享受することはできないこと。
  3. 為替リスクについて
    私は、この預金の支払通貨が外貨となる場合、受け取った外貨を満期日時点で円換算し、税引後利息を合算しても、当初の預入額を下回る(円ベースで元本割れとなる)リスクがあることを理解しています。
  4. 金利と利息について
    私は、この預金の金利については、預入時における貴行ウェブサイト上のログイン後画面に表示される利率が満期日の前日まで適用されること、および満期日に元利金が預入通貨または相対通貨により当該通貨の貴行普通預金口座へ入金された後は、入金された当該通貨の普通預金の利率が適用されることを理解しています。
  5. 手数料について
    私は、預入通貨から相対通貨に交換されて元利金が支払われる場合、預入通貨から相対通貨への交換に関して手数料はかからないこと、および預入通貨または相対通貨により支払われた元利金を他の通貨に交換する際は、外貨預金口座取引規定に基づく貴行所定の手数料がかかることを理解しています。
  6. 中途解約について
    私は、この預金を中途解約いたしません。私が貴行に対して中途解約を依頼し、貴行がその依頼事由をやむを得ない事由であると認めて中途解約に応じる場合、または私に解約事由が発生し貴行が中途解約をする場合、私は、中途解約に伴い貴行に発生する損害金(解約日から満期日までのこの預金の再構築額およびそれに伴う費用として貴行所定の計算方法により算出されたもの)を負担すること、かかる損害金はこの預金の預入元本から差し引かれることで異議はありません。また、この預金を中途解約する場合、払戻額は預入通貨により支払われること、預入日から中途解約日の前日までの日数分に相当する経過利息は一切受け取れないことについても、あらかじめ同意します。このため、この預金を中途解約した場合、元本割れする可能性があることを理解しています。
  7. 中途解約時の損害金等の考え方について
    私は、この預金の中途解約時に発生する損害金の水準が具体的にどのような要素によって決定されるか、またそれらの要素がどのように変化した場合に中途解約時の損害金が高くなるか等、損害金の計算方法の基本的な考え方について、契約締結前交付書面に書かれている〔中途解約時のお取扱い〕その他の貴行ウェブサイトに掲載されている内容をよく確認し、十分に理解しました。また、一定の前提条件に基づき算出された、この預金を中途解約した場合の想定損害金の算定結果から、この預金を中途解約した場合、元本割れのリスクがあること、また、市場環境によってはかかる想定損害金以上に大きく元本割れするリスクがあることを十分に理解しました。
  8. 余裕資産での預入について
    私は、この預金には余裕資産を預入れます。私は、この預金取引にあたり、貴行から交付を受けた契約締結前交付書面に記載された想定損害金の額のうち最も大きな金額が「私が許容できる損失額」の範囲内であることを確認し、この預金を申し込みます。したがって、仮にこの預金取引により損失が発生したとしても、また満期日まで解約ができずに資金が固定されたとしても、自己の資金繰り等に重大な支障をきたすことはないと判断しています。
  • なお、ここでいう「貴行から交付を受けた契約締結前交付書面に記載された想定損害金の額のうち最も大きな金額」とは、具体的には、「私が今回この預金に預入れる元本金額」に契約締結前交付書面に記載された想定損害金率を乗じることにより算出された金額を指します。

以上

楽天デュアル定期預金は、魅力的な金利が設定されている一方で、商品性やリスクが複雑な商品です。
募集一覧下部の「特にご注意いただきたい事項」をご覧いただき、また契約締結前交付書面及び募集要項商品詳細説明書規定等の内容を十分にご確認いただき、お取引ください。

お問い合わせ先・受付時間

資産運用について、よくあるご質問をご確認いただいてもご不明な点がございます場合は、下記のカスタマーセンターへお問い合わせください。

お問い合わせ先

楽天銀行カスタマーセンター
フリーダイヤル 0120-38-6910(通話無料)
または 03-6832-2273 (通話有料)
受付時間:9:00~17:00 ※土日祝日を除く。
  • 電話番号はお間違えにならないようご注意ください。
  • フリーダイヤル以外のお電話は、通信料が必要です。

Eメールお問い合わせフォーム(24時間365日)