ホーム > 楽天銀行10周年記念 > 懸賞論文


懸賞論文

2012年4月11日

皆さまに支えられ、楽天銀行は2011年7月23日に開業10周年を迎えることができました。10周年を記念して、「インターネットを活用した新しい金融サービス」をテーマとして懸賞論文の募集を行い、2012年1月31日に受賞者の発表を行いました。この度、平成24年3月30日にハートンホテル東品川にて、以下のとおり表彰式を執り行いました。
(受賞者の氏名及び受賞作品などの詳細については、こちらのプレスリリースを参照ください。)

表彰式は、受賞者・審査員・関係者など、約20名のお客さまにお集まり頂き、終始和やかな雰囲気のもとでの式となりました。

(表彰式の様子)

審査員を代表して永田俊一代表取締役社長より講評を行い、また、受賞された皆様より受賞のご挨拶を頂きました。また引き続き開催された懇親会において様々なお話をさせていただき、親睦を深めることができました。

(表彰式後の記念撮影)

受賞された皆様、本当におめでとうございます!ご参加頂き、ありがとうございました。

  • テーマ インターネットを活用した新しい金融サービス
    応募資格 不問(年齢、国籍等を問いません)*楽天グループ社員とその家族を除く。
    応募規定
    • 論文は表紙(タイトル・氏名・ふりがな・年齢・性別・住所・勤務先(学校名)・電話番号・メールアドレスが記載されたもの)、要旨(日本語1,000字/英語400words程度)及び参考文献一覧を添えてご提出ください。表紙/要旨がないものは、原則、審査対象外となります。
    • 文字数は日本語20,000字/英語8,000words (図・表を含まない)程度とします。
    • 論文は未発表のものに限り、応募は1人1点とします。
    • 応募して頂いた論文の返却はいたしません。
    • 応募は電子メール、郵便のいずれかとします。
    • 以下の同意事項をご確認の上、同意された方のみご応募ください。
      同意事項 PDF

    <電子メール>

    • 電子メールの件名は「楽天銀行懸賞論文応募(カッコ内には応募者の方のお名前をご記入ください)」
      例)「楽天銀行懸賞論文応募(楽天太郎)」
    • 提出はPDFファイル形式とし、以下のメールアドレス宛に添付ファイルでお送りください。他の形式(ワードやパワーポイント等)でお送り頂いたものは審査対象外となります。
    • PDFファイルの容量が2Mを超える場合は、分割してお送りください。

    <郵便>

    • 応募に係る費用は応募者の負担となります。

    ①PCを使用する場合

    • A4縦に横書き(36文字×30行)
    • 印刷の上、1部ご郵送ください。

    ②手書きの場合

    • 400字詰め原稿用紙をご利用ください。
    言語 日本語もしくは英語
    賞金 一席(100万円)、二席(50万円)、三席(10万円)
    応募締切 2011年11月30日(※応募は締め切りました。)
    著作権等
    • 応募論文の著作権は楽天銀行(株)に帰属します。
    審査方法 楽天グループ社員による一次審査、および、以下をメンバーとする審査委員会による二次審査を実施します。
    審査員

    米澤 明憲 東京大学 名誉教授
    渡部 和孝 慶応義塾大学 商学部 准教授

    國重 惇史 楽天銀行 取締役会長
    永田 俊一 楽天銀行 代表取締役社長 最高執行役員
    関原 健夫 楽天銀行 社外取締役

  • Topics New internet-based financial services.
    Entry Requirement No object (age, regardless of nationality) Except Rakuten employees and their families.
    Rules for Application

    The material must include the followings:

    • (1) Cover page: indicating (Title・Name・Age as of July 30, 2011・Gender・Postal address・Company name or School name ・Phone number・E-mail address)
    • (2) Outline: Exective summary (About 400 words in English or 1,000 characters in Japanese) and Reference
    • (3) Essay: Must be about 8,000 words in English or about 20,000 characters in Japanese.

    Important:Material with no cover or outline will be excluded from the contest

    Other Rules

    • Essay must be original and unpublished, and 1 entry is permitted by 1 author.
    • Submitted essay will not be returned
    • Essay must be submitted with acknowledgement of the form "Applicant Agreement for Essay Contest Participation".
      Applicant Agreement for Essay Contest Participation PDF
    • Submission will be accepted by e-mail or postal mail

    <e-mail>

    • Subject of mail should be as the following: "Rakuten Bank Essay Contest (Your name)"
    • Essay must be in PDF format, attached to the mail.
    • If the file is over 2MB, please submit in seperate mails.

    <Postal mail>

    • All applicants will incur any expenses.
    • PC: Use A4 sized paper
      Japanese :36letter vertical x 30 lines horizontal English :Free Format
    • Hand written:
      Japanese :Use 400-character manuscript paper English :Free Format
    Language Japanese or English
    Awards 1st Prize: ¥ 1,000,000 , 2nd prize: ¥ 500,000 , 3rd prize: ¥ 100,000
    Submission Deadline Essay must be received by November 30, 2011(※The deadline has passed.)
    Copyright

    All essays submitted will become the property of Rakuten Bank, Ltd

    Judging Procedures Initial screening of the submissions will be done by panels in Rakuten group. and final selection will be done by member as follows.
    Panel of judges

    Akinori Yonezawa / Emeritus Professor, University of Tokyo
    Wako Watanabe / Associate professor of Business and Commerce, Keio University

    Atushi Kunishige / Chairman of Rakuten Bank, Ltd.
    Shunichi Nagata / President of Rakuten Bank, Ltd.
    Takeo Sekihara / Outside Director of Rakuten Bank, Ltd.