ホーム > 宝くじ > 宝くじガイド:ロトガイド


宝くじガイド:ロトガイド

ロトのご利用方法や操作方法、用語などをご説明します。

ロト用語集

名称 説明
ロト7 「ロト7(LOTO7)」は1~37の37個の数字の中から、異なる7個の数字を選んで購入する、「数字選択式宝くじ」です。
1等の当せん金は、最高4億円(理論値)。キャリーオーバーが発生した場合、1等の当せん金は最高8億円です。
毎日購入可能で、抽せんは毎週金曜日に行われます。(年末年始を除く)
ロト6 「ロト6(LOTO6)」は1~43の43個の数字の中から、異なる6個の数字を選んで購入する、「数字選択式宝くじ」です。
1等の当せん金は、最高2億円(理論値は、約1億円)。キャリーオーバーが発生した場合、1等の当せん金は最高4億円です。
毎日購入可能で、抽せんは毎週月・木曜日に行われます。(年末年始を除く)
ミニロト 「ミニロト(miniLOTO)」は1~31の31個の数字の中から、異なる5個の数字を選んで購入する、「数字選択式宝くじ」です。
1等の当せん金は、約1,000万円(理論値)。
毎日購入可能で、抽せんは毎週火曜日に行われます。(年末年始を除く)
クイックピック あなたの代わりにコンピューターが勝手に数字をランダムで決めてくれる機能です。
ランダム選択 通常購入時、未選択の数字のすべて、または一部をランダムに決める機能です。
ランダム選択された数字は青で表示され、「ランダム選択」ボタンを押すたびに選択された数字が切り替わります。
残りをおまかせ選択 自動購入時、未選択の数字のすべて、または一部をランダムに決める機能です。
残りをおまかかせ選択で選択した数字は購入するまで未確定のためクーちゃんで表示されます。
キャリーオーバー キャリーオーバーとは、1等の当せん該当者が無ければ、残りの余剰金が次回へと繰り越される制度です。
数字選択式宝くじの「ロト7」と「ロト6」のみキャリーオーバーを採用しており、キャリーオーバー発生時、ロト7は1等当せん金最高8億円、ロト6は1等当せん金最高4億円となります。
ボーナス数字 当せん番号として利用する「本数時」とは別の数字で、それぞれの当せん等級の当せん条件として利用されます。
ロト7は、7個の「本数字」と2個の「ボーナス数字」で、2等と6等に利用
ロト6は、6個の「本数字」と1個の「ボーナス数字」で、2等のみに利用
ミニロトは、5個の「本数字」と1個の「ボーナス数字」で、2等のみに利用
myナンバー あらかじめ登録しておいたmyナンバー(自分の好きな数字)を選択して、通常購入・自動購入でくじの購入ができます。
継続回数 同じ申込内容(申込数字・申込口数)を継続購入する回数です。
現開催分から1~10回分まで購入可能です。
・通常購入の場合、申込数字をクイックピックで選択し「継続回数」を指定して購入すると、クイックピックで選択された数字と同じ数字を、設定した継続回数分買い続けます。
・自動購入の場合、申込数字をクイックピックで選択し「購入回数」を指定して購入設定すると、開催会のたびにランダムに数字を選択しなおして、設定した購入回数分買い続けます。
購入回数 同じ申込内容(申込数字・申込口数)を自動で購入する回数です。
自動延長オプションを設定すると、自動購入で選択した申込数字や口数を、自動延長できます。
・通常購入の場合、申込数字をクイックピックで選択し「継続回数」を指定して購入すると、クイックピックで選択された数字と同じ数字を、設定した継続回数分買い続けます。
・自動購入の場合、申込数字をクイックピックで選択し「購入回数」を指定して購入設定すると、開催会のたびにランダムに数字を選択しなおして、設定した購入回数分買い続けます。
購入口数 入力した申込数字と同じ数字で、指定した口数分の申し込みとなります。
買い増しオプション キャリーオーバー発生時に指定の口数分をクイックピックで買い増しする機能です。
自動延長 自動購入で選択した申込数字や口数を、自動延長する機能です。
次回宝くじの発売日の前までであれば、いつでも取り消し可能です。
通常購入 窓口と同じように発売期間中のくじを購入する方法です。マークシートと数字選択モードの2つの選択画面があります。
※スマートフォン用は数字選択モードのみ
自動購入 いつも定期的に買い続けている方や毎回購入手続きをするのが面倒だという方におすすめです。ネット購入なら買い忘れなしでくじを自動的に購入することが可能です。
マークシート 窓口と同様のマークシート方式の入力方法です。
※PCのみ

まずは口座開設

ログインして購入


文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

  • ロト攻略 買い方選び方完全ガイド

  • 商号:楽天銀行株式会社
  • 登録番号:登録金融機関 関東財務局長(登金)第609号
  • 加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会