ホーム > ご利用規定 > 振替サービス規定


振替サービス規定

1.(振替サービス)

  • (1) 振替サービスとは、普通預金口座から指定される金額(以下「振替金額」といいます。)を引き落とし、当行に開設されている他の口座に入金するサービスをいい、1)楽天銀行振込、2)請求、3)楽天銀行かんたん決済プラス、4)楽天銀行かんたん決済サービス、及び5)定期預金の受入れを含みます。
    • 1) 「楽天銀行振込」とは、お客さまが振替金額および振替指定日を指定し、お客さまが指定する他の楽天銀行預金口座へ振替金額を振り込むサービスをいいます。
    • 2) 「請求」とは、当行に預金口座を有する他の者(以下「請求者」といいます。)から、お客さまに対して請求があり、お客さまがかかる請求に応じて請求者の預金口座への振替を承認する場合に、振替金額を当該口座に振り替えるサービスをいいます。
    • 3) 「楽天銀行かんたん決済プラス」とは、当行が指定する提携先(以下「提携先」といいます。)から商品又はサービスを購入するときに、お客さまが普通預金口座での振替による決済を選択することにより、提携先から振替金額等の振替内容が当行に送信され、当該商品又はサービスの購入代金をお客さまの普通預金口座から提携先の預金口座へ振り替えるサービスをいいます。
    • 4) 「楽天銀行かんたん決済サービス」とは、当行が用意する各提携先専用の支払画面を通してお客さまが振替依頼をすることにより、お客さまの普通預金口座から提携先の預金口座へ振り替えるサービスをいいます。
    • 5) 「定期預金の受入れ」とは、楽天銀行口座取引規定に基づき、お客さまの普通預金口座から、お客さまの定期預金口座へ預入れ金額を振り替えるサービスをいいます。
  • (2) 振替による入金の手数料は、振替金額を受領する預金口座の名義人の負担とします。
  • (3) 当行は、振替による入金に際し、振替金額から手数料を差し引いた金額を、振替先の預金口座に入金します。
  • (4) 当行は、当行がやむを得ないと判断した場合、お客さまからの振替サービス実行の依頼を受理しないことがあります。

2.(楽天銀行振込)

  • (1) 楽天銀行振込における、1回あたりの振替上限金額は1,000万円とします。上限を超える振込依頼について、当行は振込を実行する義務を負いません。なお、当行は、お客さまに事前に通知することなく、上限金額を変更できるものとします。
  • (2) お客さまは依頼日から91日以内のいずれかの日を振替指定日に指定できます。お客さまは、振替指定日の前日まで振込依頼を取り消しできますが、振替指定日における振込依頼の取り消しはできません。
  • (3) お客さまは、当行に予め登録した楽天銀行口座に対し、定期的な定額の振込取引(以下「毎月おまかせ振込」といいます。)を当行所定の手続に従って設定及び削除することができます。当行は、お客さまの設定内容にもとづき、毎月おまかせ振込を毎月自動的に実行します。お客さまは、振替指定日の前日まで振込依頼を取り消しできますが、振替指定日における振込依頼の取り消しはできません。お客さまが設定した振替指定日が毎月おまかせ振込実行当月に存在しない場合は、当該月の月末最終日分の取引として振込が実行されます。
  • (4) 振込依頼があった場合、当行は、振替指定日に振替金額をお客さまの普通預金口座から引き落とします。
  • (5) 振替指定日中に、普通預金口座の支払可能残高が振替金額に満たない場合は、お客さまの振込依頼は取り消されたものとして取り扱います。
  • (6) お客さまが依頼日から91日以内のいずれかの日を振替指定日に指定した振込依頼が実行される時又は設定した毎月おまかせ振込が振替指定日に実行される時において、当該時点での普通預金口座の支払可能残高が振替金額に満たずに振替が実行できなかった場合、お客さまは当行が別途通知する時刻(以下「通知時刻」といいます。)までに、当該普通預金口座に対して振替金額に満つるまでの入金を行うものとします。当行は、通知時刻後、当行所定の手続に従って自動的に振替を再実行します。その際、当行は通知時刻での入金を確認することは行わず、当行所定の手続に従って振替を再実行する時点での普通預金口座の支払可能残高にもとづいて、振替金額に満ちた場合に限り、振替を再実行します。
  • (7) 振込先の預金口座への入金記帳処理の完了日を当行の振込の完了日とします。

3.(お客さまからの請求)

  • (1) お客さまは、当行に口座を有する他のお客さまに対して、当行所定の方法により、振替による支払いを請求することができます。
  • (2) お客さまが、1ヶ月に請求できる回数は、50回までとします。
  • (3) お客さまが請求するごとに、当行はお客さまの普通預金口座から所定の手数料を引き落とします。

4.(お客さまに対する請求)

  • (1) 請求者からなされた請求における振替金額および振替指定日については、請求者がその変更を禁止した場合、お客さまがこれを変更することはできません。
  • (2) お客さまが、請求者の指定した振替指定日までに、請求者への振替を承認しない場合には、当行は、かかる請求については振替を行いません。
  • (3) 振替指定日までに振替が承認された場合、当行は、振替指定日にお客さまの普通預金口座から振替金額を引き落とします。
  • (4) お客さまは、振替指定日の前日まで振替の承認を取り消しできますが、振替指定日における振替の承認の取り消しはできません。
  • (5) 振替指定日中に、普通預金口座の支払可能残高が振替金額に満たない場合は、当該振替承認は取り消されたものとして取り扱います。
  • (6) 請求者の預金口座への入金記帳処理の完了をもって、当行の振替の完了とします。

5.(楽天銀行かんたん決済プラス)

  • (1) 提携先から送信された振替金額等の振替内容については、お客さまがこれを変更することはできません。
  • (2) 提携先から送信された振替内容に基づく振替をお客さまが承認した場合、当行は、直ちに振替金額をお客さまの普通預金口座から引き落とし、速やかに提携先の預金口座に入金します。
  • (3) 当行は、前項の承認後に、お客さまから振替につき取り消しの申し込みを受け付けることはいたしません。お客さまがかかる振替の取り消しを希望する場合には、直接提携先に申し込んでください。
  • (4) 当行は、お客さまの口座から引き落としがなされたか否かを提携先へ通知します。ただし、提携先がかかる通知を不要としている場合にはその限りではありません。当行は、提携先に対しては、引き落としの成否のみを通知し、引き落としができなかった場合であっても、その理由等を通知することはいたしません。
  • (5) お客さまは、楽天銀行かんたん決済プラスを利用するにあたっては、別途、提携先との間で個別契約を締結することが必要となる場合があります。
  • (6) お客さまが当行を通して、提携先に対して、お客さまの普通預金口座の支店番号及び口座番号の登録を依頼し、提携先がこれらの情報を登録した場合には、お客さまは、提携先と行う次回以降の取引でこれらの情報をその都度入力することを不要とできます(以下、かかる提携先が提供するサービスを「口座番号登録サービス」といいます。)。但し、当該提携先がかかる口座登録サービスを提供することを予め当行に対して申出ていない場合にはこの限りではありません。
  • (7) 当行は、お客さまから口座番号登録サービスの依頼があり、お客さまが携帯電話端末または固定電話端末を通して所定の操作を行った場合には、お客さまの普通預金口座の支店番号及び口座番号を当該提携先に送信するものとし、お客さまはかかる提携先への送信を承諾します。
  • (8) 口座番号登録サービスは、各提携先が提供するものであり、かかるサービスの瑕疵、品質、中断、中止等、または、提携先における登録の懈怠、過誤もしくは不備、又は登録情報の管理、漏洩もしくは紛失等については、すべてお客さまと当該提携先との間で処理・解決されるものとし、当行は一切責任を負いません。
  • (9) 年齢チェック機能
    • 1. 年齢チェック機能とは、楽天銀行かんたん決済プラスに付随した機能で、この機能を提携先が利用する場合、楽天銀行かんたん決済プラスを利用して代金の支払を行うことを選択したお客さまの年齢が、提携先が予め設定した年齢の範囲外となる場合には、お客さまは当行のウェブサイトにログインできず、楽天銀行かんたん決済プラスを利用して代金を支払うことができません。
    • 2. 当行は、お客さまの年齢が、提携先が設定した年齢の範囲内にあるかを照合するにあたっては、お客さまが当行に普通預金口座を開設する際に当行に提出した本人確認資料に記載された生年月日のみに基づいてこれを行いますのでご了承下さい。
    • 3. 当行は、提携先の依頼に基づき年齢チェック機能を提供するものであり、かかる機能が利用されることにつき異議等がある場合には、お客さまと提携先との間で解決されるものとし、当行は一切責任を負わないものとします。

6.(楽天銀行かんたん決済サービス)

  • (1) 楽天銀行かんたん決済サービスにおける、1回あたりの振込上限金額は1,000万円とします。上限を超える振替依頼について、当行は振替を実行する義務を負いません。なお、当行は、お客さまに事前に通知することなく、上限金額を変更できるものとします。
  • (2) お客さまは、提携先への振替依頼をするときに、振替日を指定することはできません。
  • (3) 提携先専用の支払画面にて、お客さまが振替の依頼を完了した場合、当行は、直ちに振替金額をお客さまの普通預金口座から引落とし、速やかに提携先の預金口座に入金します。
  • (4) 当行は、前項の振込依頼完了後に、お客さまから振替につき取消の申し込みを受付けることは致しません。お客さまがかかる振替の取消を希望する場合には、直接提携先に申し込んでください。
  • (5) 当行は、お客さまの口座から引落としがなされたか否かを提携先へ通知します。ただし、提携先がかかる通知を不要としている場合にはその限りではありません。当行は提携先に対しては、引落としの成否のみを通知し、引落としができなかった場合であっても、その理由等を通知することはいたしません。
  • (6) お客さまは、楽天銀行かんたん決済サービスを利用するにあたっては、別途、提携先との間で個別契約を締結することが必要となる場合があります。
  • (7) 携帯電話端末または固定電話端末を用いた楽天銀行かんたん決済サービス(以下「楽天銀行かんたん決済サービス・モバイル」といいます。)では、提携先から振替金額等の振替内容が送信されることがあります。

7.(本規定の変更)

当行はお客さまに事前に通知することなく本規定を変更できるものとし、当行ウェブページ上に掲示することによりお客さまに変更内容を告知するものとします。

8.(準拠法・管轄)

本規定の準拠法は日本法とします。本規定に関連して訴訟の必要が生じた場合には、当行の本社所在地を管轄する裁判所を管轄裁判所とすることに合意します。

9.(規定の準用)

本規定に定めのない事項については、当行の他の規定、規則その他当行のウェブページへの掲示内容により取り扱います。

(2010年5月4日)


文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

  • 冬のボーナス金利キャンペーン!

  • 商号:楽天銀行株式会社
  • 登録番号:登録金融機関 関東財務局長(登金)第609号
  • 加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会