ホーム > 住宅ローン > 借り換えのかた > 変動金利(固定特約付き)


変動金利(固定特約付き)- 借り換え

住宅ローンの主なカテゴリー
住宅ローン借り換えキャンペーン
変動金利と固定金利の金利タイプを選択できる住宅ローンです。

変動金利のご利用中はいつでも固定金利に変更可能なので、その時々の状況に合わせた金利タイプを選択することが可能です。

低水準の融資事務手数料!楽天銀行の住宅ローンは来店不要!土日も含め22時まで住宅ローンの相談可能!

お借入金利

現在

金利タイプ
基準金利
住宅ローン(金利選択型)借入金利※
変動金利
%
%~年%
固定金利 2年
%
%~年%
3年
%
%~年%
5年
%
%~年%
7年
%
%~年%
10年
%
%~年%
保証料、繰上返済手数料0
団体信用生命保険料0
諸費用の
上乗せ可能
諸費用の一部を借入額に
含めることも可能
融資事務
手数料
お借り入れ金額にかかわらず
一律324,000
  • 金利は毎月見直します。お申込時ではなく、お借入時の金利が適用されます。
  • お借入金利の引下げ幅は、審査結果等により決定いたします。
  • 他行口座を返済口座に指定した場合は年0.3%、夫婦連生団体信用生命保険を適用された場合は年0.2%の金利が別途上乗せされます。
  • 上記の他に、収入印紙代、登記関連費用などが別途必要となります。
  • 楽天銀行口座をお持ちでなく、楽天銀行口座を返済口座にご指定いただく場合は、お借入希望日の13営業日前までに口座開設をお済ませください。>>口座開設はこちらから
借り換えしたら、いくらお得?
住宅ローンシミュレーション計算
最短、翌日スピード回答!
 
資料請求/ダウンロード(住宅ローン借り換え)

変動金利(固定特約付き)のポイント

POINT1お客さまのライフステージや返済計画に合わせた金利タイプの選択が可能

変動金利(固定特約付き)は、固定金利と変動金利の両方の金利タイプを選択することができる金利選択型の住宅ローンです。借入期間中はご希望に応じて変動金利と固定金利を何度でも変更できますので、お客さまのその時々の状況に合わせた金利タイプを選択することが可能です。

POINT2ご契約時にかかる諸費用の上乗せも可能

住宅ローンのご契約時にかかる諸費用の一部を借入額に含めることも可能。ご契約時の資金負担を軽減することができます。

  • お借入金のうち諸費用部分については、原則として住宅ローン控除の対象外となります。このため、年末調整や確定申告の際に住宅ローン控除の申請をされる場合は、楽天銀行より送付する「住宅取得資金にかかる借入金の年末残高等証明書」をもとに、控除対象外となる諸費用分をお客さまご自身で除外いただく必要があります。あらかじめご了承ください。
  • 税制については、都度改正される可能性があります。また、具体的な税制に関する手続き方法については税理士法上、楽天銀行からご案内いたしかねますので、税務署または専門の税理士にお問合せください。

住宅ローンをご利用中かつリフォームを検討中のかた必見!リフォームと同時に住宅ローンの借り換えの検討が賢い選択!その理由をさっそくCheck!

借り換えと同時にリフォームを検討中のかたはこちらもCHECK!>>

POINT3ご返済口座に楽天銀行口座を指定いただくと、年0.3%低い金利でお借り入れ

楽天銀行口座をご返済口座に指定すれば、他行口座の場合と比較して年0.3%低い金利でお借り入れいただけます。

  • 他行口座を返済口座に指定した場合は、年0.3%の金利が別途上乗せされます。
  • どの商品を選べばいいの?堅実派に人気の10年固定金利

    返済額を一定にしたまま早期完済を目指したい!そんなかたには変動金利(固定特約付き)10年固定金利の住宅ローンでの借り換えがおすすめ。商品の詳細やおすすめポイントなどをご紹介します。

    変動金利(固定特約付き)-10年固定金利の詳細はこちら

お手続きの流れ

最短で20日程度
住宅ローンフラット35は、最短で20日程度でお手続き
  • 事前審査の回答は、最短翌日回答となります。
  • 上記期間は目安です。お客さまの状況、現在のお借入先でのお手続きに要する日数等により異なります。
お急ぎのかたはご相談ください。 (お問い合わせフリーダイヤル0120-456-225
借り換えしたら、いくらお得?
住宅ローンシミュレーション計算
最短、翌日スピード回答!
 
資料請求/ダウンロード(住宅ローン借り換え)

ご注意ください

  • 借り換えのお申込時において住宅ローンの返済実績が1年未満のかた、借り換えの申込日までの直近1年間に延滞のあるかたはご融資ができません。
  • 当初の住宅ローンのお借入額が500万円以上1億円以内で、かつ、当初の住宅の建設費又は購入価額(いずれも土地取得費がある場合はその費用を含みます。)の100%以内となります。
  • ご契約の内容により、現在お借り入れの住宅ローンと比較して総支払額が多くなる可能性もあります。ご契約の際には楽天銀行よりご契約内容について十分にご説明させていただきますが、必ずお客さまご自身で借り換えのメリット、デメリットを十分ご検討のうえ、ご契約いただきますようお願いいたします。
  • 住宅ローン(金利選択型)をご利用いただく際は、当該物件に抵当権の設定登記をさせていただきます。
    なお、抵当権設定登記は必ず楽天銀行住宅ローン指定の司法書士をご利用いただきます。
    また、登記に関わる費用が必要となります。
  • 審査結果によりお客さまのご希望に添えない場合があります。
  • お勤め先の在籍確認を電話等により行う場合があります。あらかじめご了承ください。


  • 商号:楽天銀行株式会社
  • 登録番号:登録金融機関 関東財務局長(登金)第609号
  • 加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会
資料請求/ダウンロード
事前審査のお申込
住宅ローンシミュレーション計算