ホーム > 法人のお客さま > セキュリティ > セキュリティサービスについて > ベリサイン EV-SSL証明書 (Extended Validation SSL)


ベリサイン EV-SSL証明書 (Extended Validation SSL)

楽天銀行では、被害が深刻化しているフィッシング詐欺へのセキュリティ対策として、シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧日本ベリサイン株式会社)のEV SSL証明書を採用しました。楽天銀行ではセキュリティを強化し、お客さまに安心してご利用いただける環境作りを進めています。

特徴/効果

フィッシング詐欺対策に効果的

EV SSL証明書とは、そのウェブサイトの運営者が実在しているかどうか、業界統一基準に従って厳格な認証プロセスを経て発行される証明書です。視覚的に分かりやすく表示され、かつ、認証プロセスが厳格に規定されているため、フィッシング被害を防ぐ有効な手段の1つとして注目を集めています。

ひと目で分かるセキュリティ

アドレスバーを確認するだけで、楽天銀行の正規サイトであることが確認できます。

  • 1 アドレスバーが、緑色になります。
  • 2 URLの横に、ウェブサイトを運営する組織名(Rakuten BANK,Ltd.[JP])とSSLサーバー証明書を発行した認証局名(VeriSign)が交互に表示されますので、ウェブサイトの運営組織と証明書発行認証局が一目で確認できます。
  • 3 SSL暗号化通信を表す鍵のアイコンが表示されます。

  • 楽天銀行のログイン画面を開いた際に、EV SSL証明書を設定しているのにアドレスバーが白いままであったり、1 2 3 のいずれかが欠けている場合、さらにアドレスバーの色が黄色や赤色に変わった場合はフィッシングサイトのおそれがございます。
    そのような場合には、絶対に個人情報を入力しないでください
  • アドレスバーの色が変わる機能はEV SSLに対応したブラウザ(Internet Explorer 7以降やFireFox 3.5.4以降など)の機能です。

対象画面

  • ログイン画面およびログイン後のインターネットバンキングサイト
  • 口座開設お申込画面
  • お問い合わせフォーム入力画面

設定方法

  • EV SSLに対応したブラウザ(Internet Explorer 7以降やFireFox 3.5.4以降など)で、楽天銀行のログイン画面を開くと、アドレスバーが緑色に変化します。
  • アドレスバーが緑色に変化しない場合は「Smart Screen フィルター機能」の設定を有効にしてください。

Internet Explorer 10の設定方法

STEP1Internet Explorerを起動します。

STEP2Smart Screen フィルター機能を開く

  • メニューバーの「ツール」アイコンから「セーフティ」、「Smart Screen フィルター機能を有効にする」を選択します。
  • ※Internet Explorer 7は「フィッシング詐欺防止機能」の名称になっています。

STEP3Smart Screen フィルター機能を有効にする

表示されたダイアログの「SmartScreen フィルター機能を有効にする」 を選択し、「OK」ボタンをクリックします。

その他


  • スマホでカード決済【楽天スマートペイ】
  • メールアドレス複数登録のお願い
  • よくある質問 ご不明点解決!

このカテゴリの
よくあるご質問

  • お問い合わせ先
  • ご利用ガイド
  • 楽天 保険一括見積もり
  • 金融犯罪にご用心!全国銀行協会

  • 商号:楽天銀行株式会社
  • 登録番号:登録金融機関 関東財務局長(登金)第609号
  • 加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会