ホーム > 法人のお客さま > 海外送金 > 海外送金サービス概要


海外送金サービス概要

楽天銀行の海外送金サービスは、世界約200以上の国と地域への送金や、海外からの送金受け取りが可能です。

2016年1月以降海外送金のご利用には法人番号のご提供が必要です。

  • お申込日が2015年12月31日以前でも、ご契約日が2016年1月1日以降となった場合は、法人番号に関する書類の提出についてご連絡をさせていただきます。

海外送金とは

日本の銀行と海外の銀行間で行う送金サービス

楽天銀行の口座から海外の金融機関へ、商品の代金や手数料などの費用を送金することや、逆に、海外の金融機関からの送金を楽天銀行の口座で受取することを目的としたサービスです。

海外送金にかかる費用

海外へ送金する際にかかる費用には、送金を行う銀行に支払う手数料(送金手数料)と、中継する銀行や受取る銀行に支払う手数料(海外中継銀行手数料・受取銀行手数料)などがあります。
また、外貨で送金する場合には、その日の為替レートで両替し、両替の発生しない円のまま送金する場合には「円貨送金手数料」がかかります。

逆に、海外からの送金を受け取る際にも所定の手数料がかかります。
お客さまの円普通預金口座の残高が不足している場合はお手続きができません。

  • 楽天銀行では、海外へ外貨建てで送金する場合、外貨普通預金から送金することはできません。
    全て、都度円普通預金から外貨に交換したうえで送金していただきます。

海外への送金例

お客さまから受取人までの送金には楽天銀行の送金手数料(両替なしでの送金の場合は加えて円貨送金手数料)、海外中継銀行手数料、受取銀行手数料がかかります。

海外からの送金受取例

送金人からお客さままでの送金には送金元銀行手数料、海外中継銀行手数料、楽天銀行の受取手数料がかかります。

インターネットから送金

インターネットから送金・送金受取

窓口からの送金・送金受取は海外送金サービスを提供する銀行や郵便局の窓口から行えます。
行員の方に聞きながら行える反面、送金依頼書の記入の手間や、窓口の営業時間内に行く必要があります。
楽天銀行では、インターネットから送金・送金受取できるサービスを提供しています。インターネットでの送金・送金受取は、すべてご自身で入力する必要があるものの、オフィスにいながら、24時間手続きを行うことができ、送金手数料などの手数料が安価に抑えられることが多いです。


文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

  • 法人番号のご提供についてはこちら

海外からの送金受取

  • メールアドレス複数登録のお願い

このカテゴリの
よくあるご質問

  • お問い合わせ先
  • ご利用ガイド
  • 金融犯罪にご用心!全国銀行協会
  • スマホでカード決済【楽天スマートペイ】

  • 商号:楽天銀行株式会社
  • 登録番号:登録金融機関 関東財務局長(登金)第609号
  • 加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会