ホーム > 資産運用 > 外貨預金 > 外貨定期預金 > 商品詳細説明書


商品詳細説明書

お取引の際に必ずお読みください 外貨預金の重要事項

2013年11月25日から2013年12月8日までのお預入分についてはこちら

2013年12月9日から2015年6月5日までのお預入分についてはこちら

2015年6月6日システムメンテナンス以降受入分

1. 商品名 外貨定期預金
2. 販売対象 当行の円貨普通預金口座をお持ちで年齢20歳以上のお客さま
  • ただし、あらかじめお取引を希望される通貨の外貨普通預金口座を開設していただく必要があります。
3. 期間
  • 7日、14日、1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、1年、2年
    • 通貨が「 南アフリカランド」「メキシコペソ」「中国人民元」の場合は期間「2年」のお取扱いはありません。
    • 外貨定期預金の積立購入の場合は期間「7日」「14日」のお取扱いはありません。
  • 満期日は当行が以下のいずれかより指定します。なお、一般の休日が満期日となることがあります(「一般の休日」とは、土・日曜日、国民の休・祝日、12月31日、1月2日および3日をいいます。)。
    • 1)預入期間の最後の月にその預入日に応当する日(以下「応当日」といいます。)があるときは、その応当日(ただし、預入日がその月の末日であるときは、応答日がある場合であっても、預入期間の最後の月の末日とします)
    • 2)預入期間の最後の月に応当日がないときは、その最後の月の末日
  • お預入時に、満期時の取扱いを選択することができます。
    元利自動継続
    利息を元金に加えて前回と同一の期間の外貨定期預金を自動的に継続作成します。
    元金自動継続
    前回と同一の元金・期間の外貨定期預金を自動的に作成します。また、利息は同一名義かつ同一通貨の外貨普通預金口座(以下「支払口座」といいます。)に入金します。
    満期自動解約
    満期日に元利金を支払口座に入金します。
    • 2014年10月6日以降に円普通預金から外貨定期預金に直接預入れる際には、満期自動解約のみのお取扱いとなります。
    • 2015年6月6日のシステムメンテナンス終了以降に、外貨定期預金の積立購入を新規に設定する場合は、元利自動継続もしくは元金自動継続のみのお取扱いとなります。
    • 期間「2年」は、上記の預入日時の区別にかかわらず、満期自動解約のみのお取扱いとなります。
4. 取扱通貨 アメリカドル(米ドル)、ユーロ、オーストラリアドル(豪ドル)、イギリスポンド(英ポンド)、ニュージーランド(NZドル)、南アフリカランド(南アランド)、メキシコペソ(MXNペソ)、中国人民元(人民元)
  • 2012年3月19日以降、メキシコペソの新規預入を停止いたしております。なお、新規預入の再開時期は未定です。
5-1. 預入方法(通常申込)
  • (1)預入方法:一括預入
    • 外貨定期預金には下記2つの預入方法があります。
      • 「円普通預金」から「外貨定期預金」への預入
      • 「外貨普通預金」から「外貨定期預金」への預入(振替)
  • (2)最低お預入金額:「通常預入」については、通貨および預入期間によって最低お預入金額が異なります。
    最低お預入金額については、金利一覧表にてご確認ください。
  • (3)1取引あたり取扱金額:上記最低預入金額以上で、上限はありません。
    • 外貨普通預金から外貨定期預金へ振替入金をする場合には、預入額の上限はありませんが、同時振替により外貨定期預金に振替入金する場合には、円貨普通預金から外貨普通預金へ振替入金する場合の上限額と同じ額が預入上限額となります。
  • (4)預入単位:各通貨とも1補助通貨単位
  • (5)預入限度額:制限はありません。
  • (6)外貨定期預金の新規のお預入れには、事前にワンタイム認証のメール設定が必要です。
5-2.預入方法(積立購入)
  • (1)預入方法:一括預入
    • 積立購入は、お客さまにあらかじめご指定いただいた振替日、積立購入金額に基づいて、お客さまにご指定いただいた通貨、預入期間、満期取扱の定期預金への預入を行います。残高が不足している場合には、振替日の前日までに円普通預金にご入金をお願いします。
    • 積立購入は、円貨普通預金から外貨普通預金への振替と外貨普通預金から外貨定期預金への振替を1つの操作で行います(以下「同時振替」といいます。)。
  • (2)最低お預入金額:3,000円
    • 為替レートの変動等により予告なく変更する場合があります。
  • (3)1取引あたり取扱金額:10万通貨単位以下
    (南アフリカランド、メキシコペソおよび中国人民元については100万通貨単位以下)
    • 積立購入は同時振替により行うため、円貨普通預金から外貨普通預金へ振替入金する場合の上限額と同じ額が預入上限額となります。
  • (4)預入単位:1円単位
  • (5)預入限度額:制限はありません。
  • (6)申込内容の変更
    • お客さまは当行所定の手続きによって、振替指定日の前日までに当行に申し出ることにより、積立購入設定内容の変更を行うことができます。(設定を行なった当日の変更はできません。)
  • (7)積立購入の実行
    • 以下に該当する場合など、積立購入を実行しない場合があります。
      • 1)積立購入が当日の当行の引落時点で引落指定口座の支払可能残高を超えるとき、および、振替指定日に複数の積立購入の引落があり、その合計額が引落指定口座の支払可能残高を超えるとき
      • 2)楽天銀行口座取引が停止されているとき
      • 3)お客さまの知識、経験、財産の状況および外貨定期預金契約を締結する目的に照らして、自動継続によりこの預金への預入れを継続することが不適当であると認められるとき。
      • 4)楽天銀行口座取引規定第12条第1項の非居住者となる旨の通知があったとき
      • 5)楽天銀行口座取引規定第12条第3項各号に定める事由が生じたとき
      • 6)差押命令等が当行に送達されたとき
      • 7)その他、積立購入の実行停止を必要とする相当の事由が生じた場合
    • ご指定いただいた振替日が外貨取扱時間外であった場合、翌取扱日に積立購入を実行します。
6. 払戻方法 満期日(自動継続の場合を除きます。)に同一名義かつ同一通貨の外貨普通預金口座(以下「支払口座」といいます。)に、一括して払い戻します。
7. 利息
  • (1) 適用金利:お預入時(継続をしたときはその継続日)の金利を満期日まで適用します。
    金利については、市場金利動向に応じて毎日決定し、当行ウェブページ上に表示します。なお、通貨の種類、預入金額、預入期間、預入日などにより、金利は異なります。
  • (2)利払方法:
    元金自動継続/満期自動解約:満期日に支払口座に入金する方法により支払います。
    元利自動継続:満期日に元金に組入れて継続する方法により支払います。
  • (3)計算方法:付利単位を原則1補助通貨(たとえば米ドルの場合は1セント。)とした1年を365日とする日割り計算(補助通貨未満の端数切り捨て)を行います。
  • (4)補助通貨単位:
    アメリカドル:0.01アメリカドル(=1セント)
    ユーロ:0. 01ユーロ(=1セント)
    オーストラリアドル:0.01オーストラリアドル(=1セント)
    イギリスポンド:0.01イギリスポンド(=1ペニー)
    ニュージーランドドル:0.01ニュージーランドドル(=1セント)
    南アフリカランド:0.01南アフリカランド(=1セント)
    メキシコペソ:0.01メキシコペソ(=1センターボ)
    中国人民元:0.01中国人民元(=1分)
8. 中途解約(期日前解約)のお取扱い

中途解約はログイン後画面上で行ってください。
その際の利息は預入日から解約日の前日までの期間について、後記「中途解約利率」で計算し、元金・利息ともにお客さまの楽天銀行の外貨普通預金へ振替えます。
中途解約利率=約定利率×10%(少数点以下第3位は切り捨てます。)

  • あらかじめワンタイム認証に利用するメールアドレスの設定が必要です。
  • 一部解約はできません
9. 為替コスト 外貨定期預金への預入れ(同時振替により外貨普通預金から外貨定期預金へ預け入れる場合を含みます。)および払戻しは、外貨普通預金との間での振替となるため、為替コストはかかりません。
ただし、円貨普通預金から外貨普通預金への預入れ(同時振替により円普通預金から外貨普通預金へ預け入れる場合を含みます。)および外貨普通預金から円貨普通預金への払戻しの際は、当行が取引可能な市場実勢為替レートを基準として、当行所定の以下の為替コストをご負担いただきます。
アメリカドル 1アメリカドルあたり25銭
ユーロ 1ユーロあたり25銭
オーストラリアドル 1オーストラリアドルあたり45銭
イギリスポンド 1イギリスポンドあたり45銭
ニュージーランドドル 1ニュージーランドドル45銭
南アフリカランド 1南アフリカランドあたり30銭
メキシコペソ 1メキシコペソあたり20銭
中国人民元 1中国元あたり20銭
  • 外国為替相場の変動等により変更されることがあります。
  • キャンペーンの実施により、上記よりも低い為替コストが適用になる場合があります。
    そのため、預入時と払戻時の為替レートに変動がない場合でも、往復の為替コストがかかるため、お受取りの外貨の円換算額が当初外貨預金作成時の払込円貨額を下回る(円ベースで元本割れとなる)リスクがあります。
10. 為替変動 為替相場の動向によっては為替差損が生じ、お受取りの外貨の円換算額が当初外貨預金作成時の払込円貨額を下回る(円ベースで元本割れとなる)リスクがあります。
11. カントリーリスク エマージング通貨である南アフリカランド、メキシコペソおよび中国人民元の取引は、当該国の政治・経済・社会情勢の不安定化や混乱、また規制の変更等によって、通貨価値の大幅な変動や流動性の低下、市場の機能停止の可能性など、先進国通貨に比べて相対的に大きなカントリーリスクが内在します。
従って、市場の流動性が極端に低下している場合には、既に預入れいただいた南アフリカランド建て、メキシコペソ建ておよび中国人民元建て外貨預金の円貨への払戻取引に応じられない可能性があります。また、南アフリカ共和国、メキシコ合衆国および中華人民共和国の格付けが一定水準未満となる等、当行の外貨預金通貨として取扱いを継続するに相応しくないと当行が判断した場合には、新規預入を停止することがあります。
以上のように、南アフリカランド、メキシコペソおよび中国人民元の取引にあたっては、先進国通貨に比べて相対的に大きなリスクがある点を十分ご理解の上、取引のご判断をお願いします。
12. その他の注意事項
  • この預金は、継続時に当行がお客さまに対して交付する契約締結前交付書面および契約締結時交付書面を交付しません。
  • 本取引導入の最終判断は、本書面に記載されている事項を十分ご理解の上、お客さまの知識、経験、財産の状況および本取引を導入する目的に照らし、必ずお客さま自身で行っていただきますようお願いいたします。
  • 当行では、お客さまとの取引から生じるリスクの相殺を目的としてカバー取引を行っております。このため、カバー取引先システムの不具合により外貨普通預金のお取引ができない事象が生じた場合には、お客さまの希望するタイミングでの取引(預入・払出)が成立しない、または取引が成立しづらくなる場合があります。また、取引が成立しづらい状況が継続する場合には、取扱時間内であっても当行の判断で取扱いを一時停止することがあります。
  • 同時振替により円貨普通預金から外貨普通預金を経由して外貨定期預金へ預け入れる際に、外貨普通預金や外貨定期預金のお取引ができない事象が生じた場合や、お客さまの知識、経験、財産の状況および外貨普通預金契約または外貨定期預金契約を締結する目的に照らして、外貨定期預金契約を締結することが不適当であると認められる場合には、外貨定期預金へ預け入れることができず、外貨普通預金への預入れのみが成立する場合があります。
  • 自動継続(元利自動継続・元金自動継続)が選択されている場合において、この預金の継続時にお客さまが次の各号に掲げる事由に該当するときは、当行は、お客さまに通知することなく満期自動解約に設定を変更することができるものとします。
    • (1) お客さまの知識、経験、財産の状況および外貨定期預金契約を締結する目的に照らして、自動継続によりこの預金への預入れを継続することが不適当であると認められるとき。
    • (2) 楽天銀行口座取引規定第12条第1項の非居住者となる旨の通知があったとき
    • (3) 楽天銀行口座取引規定第12条第3項各号に定める事由が生じたとき
    • (4) 差押命令等が当行に送達されたとき
    • (5) 楽天銀行口座取引が停止されているとき
    • (6) その他、満期自動解約への設定の変更を必要とする相当の事由が生じた場合
13. 取扱時間 原則として24時間お取引が可能です。ただし、システムメンテナンス時等を除きます。なお、中途解約については原則として毎週月曜日午前8時から土曜日午前2時59分まで(年末年始を除く)のお取扱いとなります。
14. 預金保険 外貨預金は預金保険の対象ではありません。破たん金融機関の財産の状況に応じて支払われます。
15. 税金に関する事項
  • (1)利息:源泉分離課税20.315% (国税15.315%、地方税5%)の税金が適用されます。
    • 2013年1月1日以降に受け取る利息には復興特別所得税が課され、源泉分離課税20.315%(国税15.315%、地方税5%)となります。
  • (2)為替差益:雑所得として確定申告による総合課税の対象となります。
    • ただし、年収2,000万円以下の給与所得者で、給与所得および退職所得以外の所得が為替差益を含めて年間20万円以下の場合は、確定申告は不要です。
  • (3)為替差損:黒字の雑所得から控除することができます。
  • 詳しくは、税理士・公認会計士にご相談ください。
16. 当行が契約している指定紛争解決機関 一般社団法人 全国銀行協会
連絡先 全国銀行協会相談室
電話番号 0570-017109 または03-5252-3772

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
  • 楽天デュアル定期預金

外貨預金のお取引

  • 外貨預金が便利になる 取引ツール
  • 外貨預金の疑問にお答えします
  • 金融商品に関するお問合わせ

お問い合わせ

このカテゴリの
よくあるご質問

  • セキュリティ対策について
  • 楽天証券口座開設プログラム

  • 商号:楽天銀行株式会社
  • 登録番号:登録金融機関 関東財務局長(登金)第609号
  • 加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会