ホーム > 資産運用 > 外貨預金 > はじめての外貨預金 > メリットとリスク


お取引の際に必ずお読みください 外貨預金の重要事項

メリットとリスク

外貨預金は円預金とは違うメリットとリスクがあります。

外貨預金のメリット

外貨預金のメリット=金利(利息)+為替差益

①金利(利息)

外国の通貨の方が円よりも金利が高い傾向にあるので、円預金よりも高い金利が期待できます。

②為替差益

預入時よりも払戻時の為替レートが円安の場合に為替差益が得られます。

外貨預金のリスク

外貨預金のリスク=為替差損+為替コスト

①為替差損

預入時よりも払戻時の為替レートが円高の場合に為替差損を被ります。

CHECK!

為替差損が発生しても、総額ではプラスになることも!

為替差損が発生してしまった場合でも、預金の利息が元本の減少した分より上回っていれば、結果的に総額がプラスになります。

例えば、好金利通貨に長期に預入れれば利息が多く受け取れるので、為替変動による元本割れリスクを相対的に軽減すると考えられます。

②為替コスト

外貨預金のお取引には所定の為替コストがかかります。

  • 為替相場の変動がない場合でも、預入れ・払戻しには 為替コストを含んだ当行所定の為替レートが適用されるため、元本割れとなる可能性があります。

CHECK!

楽天銀行の為替コストはおトクです!

なるべく低く抑えたい為替コスト。多くの銀行では通常「1米ドルにつき1円」ですが、楽天銀行では、当行が取引可能な市場実勢レートを基準として、為替コストをたいへんおトクに設定しています。

もう1つ、外貨預金は預金保険の対象外であることも重要です。日本国内の銀行の「円」で預金をしていれば、預金保険の対象になりますので、万が一お金を預けていた銀行が破綻しても1,000万円とその利息分までは返還が保証されます。ただし、外貨預金はその対象ではなく破たん金融機関の財産の状況に応じて支払われます。

外貨預金の税金

外貨預金には2種類の税金がかかります。

①源泉分離課税

受け取る「利息」にかかります。税額は円預金と同じ20.315% (国税15.315%、地方税5%)です。

  • 2013年1月1日以降に受け取る利息には復興特別所得税が課され、源泉分離課税20.315%(国税15.315%、地方税5%)となります。

②為替差益 / 為替差損には雑所得として課税

  • 為替差益/差損は雑所得として確定申告をする必要があります。
    • 差損のみで他に雑所得が無ければ申告不要
    • 年収2,000万円以下の給与所得者で、給与所得および退職所得以外の所得が為替差益を含めて年間20万円以下の場合は申告不要
  • 為替差損は雑所得から控除することができます。
  • 詳しくは税理士・公認会計士にご相談ください。

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
  • 楽天デュアル定期預金

外貨預金のお取引

  • 外貨預金が便利になる 取引ツール
  • 外貨預金の疑問にお答えします
  • 金融商品に関するお問合わせ

お問い合わせ

このカテゴリの
よくあるご質問

  • セキュリティ対策について
  • 楽天証券口座開設プログラム

  • 商号:楽天銀行株式会社
  • 登録番号:登録金融機関 関東財務局長(登金)第609号
  • 加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会