ホーム > 資産運用 > 円預金 > 新型定期預金 > 満期特約定期預金 > 「パーカッション10」


パーカッション10(満期特約定期預金)

預金保険対象

ハッピープログラム ポイント貯まる

2014年6月20日(金)をもちまして、満期特約定期預金(パーカッション10)の新規お預入れは終了いたしました。
なお、既にお預入れいただいております満期特約定期預金(パーカッション10)は、引き続き満期日までのお預りとなります。

お取引の際に必ずお読みください 新型定期預金の重要事項

満期特約定期預金「パーカッション10」の商品詳細説明書へ

【ご注意】
パーカッション10は、預入期間が最長10年の定期預金であり、当行の決定により、満期を繰り上げることができる特約が付いている定期預金です。また、原則として解約することができません。これらの条件に対する対価が金利に反映されることで、当行の通常円定期預金に比べて高い金利を実現しています。

  • 期間短縮の有無にかかわらず、中途解約は原則として出来ません。
  • 当行がやむを得ないと判断し、中途解約に応じる場合は、大きく元本割れする可能性があります。
  • 詳細につきましては、「満期特約定期預金の重要事項」をご覧いただき、また契約締結前交付書面商品詳細説明書等の内容を十分にご確認の上、最終的な満期日まで利用する予定のない余裕資金でお預入れください。
  • 金利・特徴

    お預入期間:最低 5年、最長10年

    10年間お預入いただくことができます。ただし、当行が満期の繰上を決定した場合には、預入期間が繰上満期日(5年後)に短縮される可能性があります。

    最低預入金額:10万円 ⁄ 預入単位:10万円

    上限はありません。尚、当行が切替申込のお取扱いをしている期間に限り、円通常定期預金からの切替申込(既存の円通常定期預金中途解約からの継続入金)の際には、お預入単位は1円となります。

    金利のステップアップと利息の受取について

    利息金は、当行が満期繰上を行わなかった場合、5年後(中間利払日)と、10年後(当初満期日)の合計2回お受取りいただけます。この際、5年後(中間利払日)までの金利とそれ以後からの金利は利率が異なります(ステップアップします)。

    • 当行が満期の繰上を決定した場合には、利息金の受取りは1回になります。
    • 市場環境等により予告なく金利の変更、またはお取扱の中止をすることがあります。
    • 満期日以降の利息は、普通預金の利率が適用されます。
  • ご注意点

    金利が高い仕組み

    「パーカッション10」は預入期間が最長10年の定期預金であり、当行の決定により、満期を繰り上げることができる特約が付いている定期預金です。また、原則として解約することができません。これらの条件に対する対価が金利に反映されることで、当行の通常円定期預金に比べて高い金利を実現しています。

    金利ステップアップについて

    「パーカッション10」の利息金は、当行が満期繰上を行わなかった場合、5年後(中間利払日)と、10年後(当初満期日)の合計2回お受取りいただけます。この際、5年後(中間利払日)までの金利とそれ以後からの金利は利率が異なります(ステップアップします)。

    • 当行が満期の繰上を決定した場合には、利息金の受取りは1回になります。

    満期特約により、当初予定満期(10年後)が5年後まで短縮される可能性があります

    満期の繰上に関する決定権は楽天銀行にあります。 経済情勢により、お預入れ5年後の満期繰上を決定する際の市場金利が、お預入れ期間の満期繰上が行われなかった際に適用される金利(=6年目以降に適用される金利)よりも低い場合、満期日が繰り上がる可能性が高くなります。この場合、お客さまはお預入れ6年目以降当初満期日まで適用される予定だった金利での運用はできなくなります。
    逆にお預入れ5年後の満期繰上を決定する際の市場金利が、お預入れ期間の満期繰上が行われなかった際に適用される金利(=6年目以降に適用される金利)よりも高い場合、満期日が繰り上がる可能性が低くなります。この場合、お客さまは高い市場金利で運用する機会を失うことになります。
    ただし、満期繰上の判断は必ずしも市場金利の高低のみをもとに行われるものではなく、全般的な経済情勢を考慮して行われます。従って上記の説明が当てはまらない場合もあります。

    中途解約について

    この預金の中途解約は原則としてできません。
    「パーカッション10」はデリバティブが内蔵された預金であるため、お客さまの中途解約依頼に対し、当行がやむを得ないものと認めそれに応じる場合、当行は中途解約日から満期日までの期間に対応する同条件の預金を再構築する必要があり、そのための費用が発生します。従って、お客さまの中途解約に伴い当行に再構築費用が発生する場合には、当該再構築費用および再構築取引にかかる諸費用を、中途解約時の市場金利、市場金利の変動率などをもとに当行所定の計算により算出し、解約費用としてお客さまにご負担いただきます。この解約費用をお客さまの預金元本金額から差し引いた残額をお客さまの楽天銀行 口座の円普通預金へ入金するため、結果的に大きく元本割れとなる可能性が非常に高くなります。その際には、お預入れいただいてからご解約までの経過利息についてもお受取りいただけません。本預金のお申込みの際には必ず満期まで運用可能な資金にてご利用くださいますようお願い申し上げます。
    なお、当行がやむを得ないものと認め中途解約に応じる場合、お客さまが中途解約を依頼される日と、解約費用を預金元本金額から差し引いた残額の入金日は異なります。

    解約費用イメージ図

    再構築額構成要素イメージ図

    解約費用について

    お客さまにご負担いただく解約費用は

    • (1)適用利率と市場金利の金利差に基づき発生する費用
    • (2)満期日繰上特約の価値
    • (3)再構築に伴う費用

    により構成されますが、特に(1)と(2)が大きな割合を占めることになり、それらは一般的には満期日までの期間や中途解約時の経済情勢に依存します。

    それらは、預入時と比較して市場金利が上昇し、適用金利と市場金利との金利差が拡大すればするほど、(1)の総額が多くなります。また、満期日までの残存期間(中途解約日から最終満期日までの期間)が長ければ長いほど、(1)(2)の価値は高くなります。

    従って、この預金の解約費用は、市場金利が上昇するほど、また、満期日までの残存期間が長いほど、高くなる傾向にあります。

    たとえば、預入後すぐに解約した場合において、市場金利の変動がなかった場合には、諸経費込みで元本の約6%の解約費用がかかると予想されます。100万円お預入れいただいた場合には約6 万円の解約費用がかかり、約94万円が払戻しの金額となります。
    また、解約時点における市場金利の上昇幅が、過去10年間の市場金利の記録等から算出した最大値になっていたと仮定した場合には、元本の約25%の解約費用がかかると予想されます。この場合、100万円のお預入れに対しては約25万円の解約費用がかかることになり、払戻し金額は約75万円となります。市場の条件によってはそれ以上の解約費用がかかる場合もあります。
    さらに、お預入れいただいてからご解約までの経過利息についてもお受取りいただけません。
    これらの想定損害金額が、お客さまの知識、経験、財産の状況及び金融商品取引契約を締結する目的に照らして、「お客さまが許容できる損失額」の範囲内であるかを十分にご確認ください。
    なお、当行所定の時期・方法において、円通常定期預金からの切替申込(既存の円通常定期預金中途解約からの継続入金)により「パーカッション10」を作成したお客さまが、当該「パーカッション10」の中途解約を希望し、当行がやむを得ないものと認めそれに応じる場合には、切替元の円通常定期預金につき、お客さまが既にお受取りになった約定利率適用による利息分と、中途解約利率適用による利息分の差額相当分を、解約費用として当該「パーカッション10」の元本より差し引いた上で払戻すことがあります。この場合は、切替元の円通常定期預金の約定利率、預入期間、預入元本に応じて解約費用は異なります。

    未成年者のお申込はできません。

お問い合わせ先・受付時間

資産運用について、よくあるご質問をご確認いただいてもご不明な点がございます場合は、下記のカスタマーセンターへお問い合わせください。

お問い合わせ先

楽天銀行カスタマーセンター
フリーダイヤル 0120-38-6910(通話無料)
または 03-6832-2273 (通話有料)
受付時間:9:00~17:00 ※土日祝日を除く。
  • 電話番号はお間違えにならないようご注意ください。
  • フリーダイヤル以外のお電話は、通信料が必要です。

Eメールお問い合わせフォーム(24時間365日)


文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
  • 楽天デュアル定期預金

新型定期預金のお取引

  • 金融商品に関するお問合わせ

お問い合わせ

このカテゴリの
よくあるご質問

  • セキュリティ対策について
  • 楽天証券口座開設プログラム

  • 商号:楽天銀行株式会社
  • 登録番号:登録金融機関 関東財務局長(登金)第609号
  • 加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会