ホーム > 資産運用 > 金融商品のお取引におけるお客さまカードの登録について


金融商品のお取引におけるお客さまカードの登録について

1 お客さまカードとは

2007年9月30日に施行された金融商品取引法を踏まえ、リスクのある金融商品をお取引いただく際に、その商品がお客さまの投資のご意向や経験に適合したものかどうかを楽天銀行が確認させていただくため、ご登録をお願いするものです。
2008年5月19日より、お客さまカードの確認の対象となる金融商品をお取引される際に、必ずご登録をお願いいたします。

  • 2008年5月19日以前にお客さまカードのご登録をいただいているお客さまにおかれましても、再度ご登録をお願いいたします。

お客さまカードの登録情報によって、楽天銀行が、お客さまにとって適切なお取引でないと判断した場合、一部のお取引を制限させていただくことがございます。 特に、「主な運用資産の性格」で「年金生活資金」や「借入金」を選択されたお客さま、「ご投資の方針」で「元本の安全性を重視」を選択されたお客さまは、元本割れリスクのある金融商品(投資信託、外貨預金、FX(外国為替証拠金取引))のお取り引きを制限させていただきます。何卒ご了承ください。

なお、ご登録いただきましたお客さまカードの情報は、ログイン後、商品サービス一覧の左下にある「お客さまカードの変更」より、いつでも確認・変更いただけます。

2 お客さまカードのご登録・ご確認の対象となる金融商品

対象となる金融商品は、以下の通りとなります。

  • 金融商品名をクリックすると、お客さまカードの登録方法にリンクします。

3 お客さまカード情報の確認・変更について

2008年5月19日以降にご登録いただいたお客さまカード情報は、ログイン後画面の「お客さまカードの変更」よりいつでも確認・変更が可能です。

  • 最後にお客さまカード情報を確認・変更されてから1年(365日)が経過しますと、ご登録いただいている情報に変更が無いかご確認いただくため、対象となる金融商品のお取引の際に、お客さまカード入力画面に移動します。

4 お取引の一部制限について

お客さまカードの登録情報によって、楽天銀行が、お客さまにとって適切なお取引でないと判断した場合、お取引を制限させていただくことがございます。
あらかじめ、ご了承ください。

4 80歳以上のお客さまのお取引について

FX(外国為替証拠金取引)につきましては、他の金融商品と比べてリスクが大きく、為替相場の変動等により証拠金預託額以上の損失を生じる場合がありますため、満80歳以上のお客さまはお取引いただけません。

楽天銀行口座の開設時にご登録いただいたお客さまの満80歳のお誕生日の翌営業日以降、順次新規のご注文ができなくなります。あらかじめご了承ください。

  • 80歳のお誕生日の前からお持ちのポジションの決済の反対売買と、出金指示および証拠金不足の際のご入金は可能です。
  • また、投資信託、外貨預金、新型定期預金につきましてもお客さまカードのご登録情報によって、一部のお取引を制限させていただく場合がございます。あらかじめ、ご了承ください。

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大


  • 商号:楽天銀行株式会社
  • 登録番号:登録金融機関 関東財務局長(登金)第609号
  • 加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会